戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2004 6/9

七々頭ヶ岳
ななずがだけ

693.1m

木之本
中河内

晴時々曇

26.3℃  17.4℃
(+0.8  +0.5)

燈の宗

行 程
福井自宅出発700===北陸自動車道===滋賀県木之本町木之本IC750====
滋賀県余呉町上丹生登山口(標高180m)810〜825----尾根850----七々頭ヶ岳1005〜1050----登山口1150
                               ◆往復 休憩時間含む ■出会った登山者 0人

山渓発行の分県登山ガイド「滋賀県の山」によると七々頭ヶ岳にササユリが咲くと言う。700mに充たない山ですので
南の方角、直線距離にして7.5km先にある呉枯ノ峰と2座登ることにした。
丁度、2座の中間に「ウッディパル余呉キャンプ場」がある。呉枯ノ峰への林道入口でもある。ここに水道施設があるから昼食に平壌冷麺と決めた。

365号線で行くか北陸自動車道で行くか迷うところだが、時間が読める北陸自動車道とした。
木之本ICを降りて戻るように余呉町へ赤子山スキー場と隣接のウッディパル余呉を右手にみて高時川沿いの登山口、上丹生に着く。
村外れに「七々頭ヶ岳観音 参拝登山口」の石碑がある。(余談だが〜ボクのパソコンは、ななずがだけ→七々頭ヶ岳。一発変換に驚くやら何と賢いパソコンだろうと、もしかして有名な山なのだろうか〜)

薄暗い雑木の森はジグザグの登山道、一汗かいて尾根に出ると僅かに風を感じ涼しくなる。そろそろササユリが現れるだろうと周りを注視しながら登るが一向に姿は見えない。「滋賀県の山」には「6月中旬はササユリが登山道脇に甘い香りを振りまきながら次々と現れ、急登も忘れさせてくれる」とある。しかし花を付けているのが3株だけだった。全く蕾も見受けられない。咲き終わった様子もない。ガイドブック載ると盗掘されるのであろうか・・・。

山頂付近は思ってもみなかったブナの森とブナの巨木が有り驚くやらで嬉しくなってしまいます。
標高の割りのは立派なブナの森だ。山頂には西林寺があり、やはり聖地とあって森は守られてきたのであろうか。
ぼんやり霞がかかったように余呉湖、奥に琵琶湖が樹間から望める。

ササユリは期待はずれだったがブナの森を見られた事に満足、次ぎがあるから早脚で下ったのでした。


七々頭ヶ岳のブナの巨木

七々頭ヶ岳観音参道石碑と七々頭ヶ岳

ササユリ

ブナ

中腹から上丹生集落

七々頭ヶ岳山頂 西林寺



七々頭ヶ岳登山口1205====ウッディパル余呉キャンプ場1210〜1325
七々頭ヶ岳下山後、車で移動してウッディパル余呉キャンプ場で昼食

氷で冷やした平壌冷麺は旨い
(キムチ・パストラミ・タコ・ラッキョウ・キューリ・ネギ)



年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
( )は平年値+-

同行者

2004 6/9

呉枯ノ峰
くれかれのみね

531.9m

木之本

26.3℃  17.4℃
(+0.8   +0.5)

燈の宗

行 程
ウッディパル余呉キャンプ場(標高200m)1325====林道終点登山口(標高440m)1335〜1340----管山寺分岐1350------
近江天満宮1405〜1420----菅山寺1425〜1440----菅山寺分岐1450〜1500----呉枯ノ峰山頂1525〜1555----菅山寺分岐1615
----登山口1625        
                                       ◆往復 休憩時間含む ■出会った登山者 0人

ウッディパル余呉の管理人は施設の使用を快く受けて下さった、もちろん無料で。

林道はキャンプサイトの脇を通って標高440mの尾根まで伸びている。呉枯ノ峰は標高差90mの快適な尾根歩きになった。
10分も歩くと管山寺への分岐、標高差120m下ると朱雀池と天満宮、池にはオタマジャクシ、イモリ、アマゴ、赤い錦鯉など泳ぎ不思議な情景だった。
参道の歴史を感じられる古い石垣にユキノシタが咲き、雑草は伸び放題、人気を全く感じられない菅山寺山門には菅原道真公お手植えの大ヒノキが2本他を圧倒させるには十分、千年の威圧が感じられる。実に見事な風景だ。

分岐に戻り呉枯ノ峰へと向かう、マツ、ナラ、ブナの混成林。疎林になった所から琵琶湖が見え隠れ、靄と逆光で微かに見える程度だった
なだらかな尾根の一角に一等三角点。雑木の森の中の山頂だった。展望もなくここが山頂だとは分からないであろう、一等三角点が在ればこそである。
燈の宗さんとは3回連続、何故か古刹の山巡りになってしまった。気分転換出来なかったのではと案じているところだ。

山中の菅山寺は興味深い寺だ。今日は時間がなかったので駆け足で観てきたが、今度はゆっくり拝観したいものだ。
菅山寺の秘仏は余呉町坂口の「里坊弘善館」に展示してあるようだ。


近江天満宮
菅原道真公没後 天満宮に奉られる

天満宮前の朱雀池


菅山寺 本堂と鐘楼

764年 僧照檀が竜頭山大箕寺として開山した
その後889年 菅原道真公が再興し大箕山菅山寺と改称した
現在の建物は江戸時代の物






菅山寺山門の大ケヤキ
幹廻・6.2m 樹高・20m

菅原道真公(845〜903)44才の時 お手植えのケヤキ

国土地理院2.5万図「木之本」には呉枯ノ峰の名は無い
山渓発行の分県登山ガイド「滋賀県の山」には標高532.5mとある
国土地理院2.5万図は531.9mとなっている

呉枯ノ峰山頂