雪とあそぶ

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

形態

同行者

2003 1/8

吉野ヶ岳
よしのがだけ

547.0m

永平寺

快晴

5.5℃ -2.0℃
(-1.7 -2.8)

山スキー
(フリートレック)

単独

行 程
福井市出発930====福井県松岡町上吉野 蔵王大権現鳥居登山口(標高140m)945〜955----林道出合(標高350m)1050〜1100----蔵王神社1150----吉野ヶ岳山頂1205〜1325----蔵王大権現鳥居登山口1355
                           ●ほぼ夏道往復 休憩時間含む ●出合った登山者 0人

この時期何処の山にしようか迷うところある。加越国境は深いラッセルが待っているし、2ヶ月山から遠ざかっているし、まだ松の内から1日しか経っていないし、といろいろと言い訳しながら山頂の蔵王大権現神社に初詣でもするかと云うことで吉野ヶ岳とした。いつも行っている東山健康運動公園の裏手の峠を越し松岡町に入り登山口の鳥居まで15分で行ってしまうのである。

今朝は濃霧で好天の印である。積雪30cmの登山道は2〜3日前のカンジキの跡がありその跡をツボ足で登る。林道出合でカンジキの跡は林道を南の方に向いていた。昨年もそうだった多分山仕事の人達だろう。濃霧は晴れ渡り紺碧の空と真っ白い雪の世界だ。眼下の福井市街はまだ霧の中だった。

フリートレックを履きシールを利かせて、まったく足跡の無い所を登るのは気持ちいいものだ。兼用靴一ヶ分沈むが軽い雪で登り易い。陽が照っても樹林の中だからパウダーなのだ、滑り降りるのが楽しみだ。
今日はお賽銭用に小銭を用意してきた。杉の大木に囲まれた神社を過ぎると積雪70cmの山頂だ。葉が繁った頃は展望はほとんど無いのだが今の時期は遠く白山までもが見せてくれる。
気温は氷点下だろうが無風で陽射しがあって寒さを感じさせない。ゆっくり昼食をとり、いよいよ楽しみの滑り降りだ林道出合まで樹間を縫いパウダースノーを堪能したのでした。

帰り道、東山健康運動公園でランニングマシン30分・筋力マシン30分・スイミング20分・サウナに入り、さすがに疲れてロビーでウトウトしてしまいました。

2002年2月13日 吉野ヶ岳

山頂

中腹の登山道

山頂から白山遠望(送電線がジャマしてます) 山頂から福井市街と足羽三山