戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日12時
今庄の気温

同行者

2008年6月11日

夜叉ヶ池山
(やしゃがいけ)

1212m

広野


曇一時晴

21.3度

静御前さん

福井市自宅出発600====福井県南越前町岩谷林道登山口710〜720---夜叉ヶ滝745---トチノキの巨樹755---夜叉ヶ池930〜950---
夜叉ヶ池山1025〜1135---夜叉ヶ池1150〜1200---トチノキの巨樹1300〜1315---登山口1340
                                         ◆往復 休憩時間含む ■出会った登山者 10人



数日前の予報は雨だった。良いこと幸いに毎週山に出かけてこの辺で一休みして昼食会の南越前町を下見したいと思っていた。
ところが予報は好転、静御前さんも仕事の空きが出来たようで6年ぶりの夜叉ヶ池へ行きましょうか。この頃好天続き多分ニッコウキスゲ咲き始める頃だろう。

歩き始めるとササユリの蕾が数株、蕾はまだ堅い。コアジサイ、ミヤマナルコユリ、ヤマボウシがたくさん咲いています。時々薄日が射し込み瀬の音、野鳥の囀り気持ち良いな〜トチノキ巨樹過ぎるとブナの森の急登、改めて古木の混じるブナの森の大きさを感じます。

2時間10分、ようやく誰もいない夜叉ヶ池です。木道が設置してあり水面に目をこらすと絶滅危惧種ヤシャゲンゴロウが数匹見える程度。
山を始めた30数年前はウヨウヨいたのだがイモリも少ない。掲示板には■火気の使用一切(ガスコンロ・タバコも含む)■キャンプ・たき火・炊飯。等と禁止事項が書いてある。

一息入れて県境稜線に上がると、うわぁ〜ニッコウキスゲがたくさん咲いているではないか、数株咲いていればと思っていたが予想以上の群生に歓声です。アングルを変え写真撮っていると木製の階段をハイピッチで上がる靴音。ヤシャゲンゴロ監視員だろうと思っていたら何と
ドッポさんでした。思いがけない出会いに嬉しくなります。血色もよく元気なドッポさん三周ヶ岳へガスの中消えて行きました。

山頂へ向かう岩稜にはニッコウキスゲ群生。アカモノ、ウラジロヨウラク、ウスノキ、アザミなど、一株だけイワカガミが咲いています。
山頂からの座っての展望は良くない、戻って池の展望とニッコウキスゲの咲く岩稜で昼食。

12時近くになっても人の気配なし、監視員の方が池に入って調査中でした、絶滅危惧種ヤシャゲンゴロウのお話伺って下山です。
3組9名が登って来ます。トチノキの巨樹を見て登山口へ。そのあと下見に出かけました。


夜叉ヶ滝

ツツジ

ブナの巨樹

夜叉ヶ池

ドッポさんと出会う

ニッコウキスゲ

斜面に咲くニッコウキスゲ

トチノキの巨樹