雪とあそぶ

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

形態

同行者

2002 11/6

取立山
(とりたてやま)

1307.2m

北谷

晴時々雪

12.0℃---4.9℃
(-5.8 -3.4)

山スキー
(フリートレック)

単独

行 程
福井市出発820====福井県勝山市東山いこいの森 登山口(標高680m)920〜945----林道終点駐車場(標高850m)1100〜1120----標高1000m地点1200〜1230----林道終点駐車場1240〜1330----東山いこいの森1400
                               ●往復 休憩時間含む ●出合った登山者 1人

先週同様小雨の降る福井を出発。回復傾向の天気予報信じて、11月上旬に山スキーが出来るなんてウキウキした気持ち押さえつつ車を飛ばす。勝山市内から見えるはずの加越国境の山々は厚い雲に覆われていた。

暮見のトンネルを抜けると路肩に積雪が、集落の屋根にも雪があった。国道から東山いこいの森への林道はありがたいことに除雪してあった。パゼロ1台駐車してあった。多分金沢のYASUHIROさんの車だろう(山から降りてメールで確認したらそうだった)。山スキーは準備に20分はかかる。オーバーズボン履いてスパッツ・兼用靴・板にシール張り付けなどと時間は過ぎる。積雪55cmの東山いこいの森は晴れ間のスタートだった。遅い出発で雪は重くなっている、トレースはあるのだが20分歩いて山頂は無理だろうと思うようになってきた。いつものように行ける所まで行くかと気楽なものだ。周りの木々は紅葉盛りで山スキーをしていることが不思議に思えてならない。異様な風景だ。

30分歩いた時だろうか林道をショットカットして急斜面を華麗に滑っているYASURIROさんを見た。大きい声で「こんにちは」と声をかけたが分かったようにも見えた。一面白の台地の林道終点駐車場は積雪85cm、陽射しがあって気持ちいい。ここから尾根に上がる急斜面、標高1000m地点で青空が一転、黒い雲に風も強くなてきた、雪も降り出し、おまけに雷鳴までも。30分ばかり様子を見るが回復はなさそうで、あっさり諦めて降ることにした。

林道終点駐車場はウソの様に晴渡っている。大日山はじめ周りの山を見ると1000m以上は雲の中だった。
遅い出発で雪は重かったがこの時期雪と戯れたことに満足した。パウダーを味わうには6時出発のYASUHIROさんの様にしなければならない。
山から降りて勝山市内から経ヶ岳だけが銀白に輝いていた。

2002年4月10日 残雪の取立山

東山いこいの森

林道終点駐車場

トレース カエデとミズナラの紅葉