戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2000 6/7

取立山
とりたてやま
1307m

北谷

快晴

31.7℃---17.1℃
(+6.6  +0.9)

燈の宗、文の宮、洋の宮

行 程
福井出発===福井県勝山市東山キャンプ地===奥の駐車場登山口----------大滝---------こつぶり山-----
 830                   950-1000     1025-1035   1155-1210
---水芭蕉群生地--------取立山---------登山口
  1220-1430   1510-1520    1625  (休憩時間も含む)

きようは昨年から山に連れてってという文の宮さん洋の宮さん 山に行く日は一ケ月前から決まっていた
さて何処をご案内しましょうか 近くて人気の取立山かなぁ。 僕は初めての人を案内する所は取立山、赤兎山、夜叉ケ池と三ケ所のひとつと決めていた 県内では数少ない見所のある山だ 4〜5日前 新聞誌上で水芭蕉の写真が載っていた これできまり!取立山にする。
駐車場には平日でも15台 足首を念入りに回して準備体操よし 僕は沢沿いの大滝コースが好きだ 山での宴会用の食材が肩にずっしり 5分も歩かないうちに汗の玉 今日は29℃の最高気温になるでしょうとテレビで云ってた
ほどなく大滝 ウグイスの声とあと2種類の声の三部合唱 滝飛沫がキモチイイィいつまでもいたい所
谷筋から尾根に上がる道は一番の難所 いつも皆さんに追いこされる 肥満がこたえる 尾根に上がれば景色は一転し展望が開けるスキップでもしたくなる平たん道 この所が好きで大滝コースで登っている
こつぶり山でやっと残雪の白山が視界に入る 山頂には3組8名飯食っていた 四日に買ったばかりのカメラの三脚がわりになるストックに取り付けて四人白山を背に記念写真 我々の食事は冷たい水がいるのだ 先きを急ごう
水芭蕉は群生地の半分は今が見ごろ さずが二人の奥方 花を選んで写真におさまる ここで2時間10分の宴会開始
である。   

アルバム