福井市から日帰りの山    雪とあそぶ  登山道で見つけた花と樹木 
県外の山    身の上話し  TOPに戻る


雪とあそぶ 

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
( )は平年値+-

同行者

2002 3/20

丈競山
たけくらべやま

1045m

丸岡・龍谷

快晴

16.8℃  5.5℃
(+5.2  +3.0)

単独

行程
福井市出発630======福井県丸岡町龍ヶ鼻ダム登山口(標高200m)700〜715-----唯一の水場805---------
大岩広場850〜900-----P747m955-----北丈競山1050〜1100-----南丈競山1140〜1305--------------
北丈競山1345〜1355------800m地点フリートレック脱ぐ1410〜1415-----大岩広場1510〜1520---------
龍ヶ鼻登山口1640
                           ●ほぼ夏道往復 休憩時間含む  ●出会った登山者0人

リュックにフリートレックを取り付けて 登山口の急な石段を20数段上がるとカタクリが一輪 蕾を付けていた。
先週の銀杏峯と今日も快晴でありがたい。早くもショウジョウバカマ・ヤマザクラが咲いている いい天気のと時間充分ある 春の陽射しを受けて写真を撮りながらゆったりと歩くことにする。

主稜線の600mから積雪が有るのではと思っていたが 何のことか まったく無いのであった。予想が外れた。
主稜線の600mから積雪が有れば行程の4分の3はフリートレックで滑れたのである。地元の山岳会に問い合わせするべきと今になって後悔する。落ち込んだ気持ちが今日の好天で何とか気持ちを入れ替えることができた。
緩やかに延びる稜線の登山道は南面のところは地肌で北面のところは雪の上を歩く これを数10回繰り返すのである
ようやく800mで一面の雪原になった 50cmの雪面はブッシュで歩きにくい。P747mから北丈競山まで1時間かかってしまう。北丈競山からは一面雪の風景に変わった ようやく此処まで来たぞとフリートレックでザラメの雪を鞍部まであっと云う間の一瞬を堪能。南丈競山の急登はフリートレックを脱ぎツボ足で登る。

山頂からの眺望は見える所全部見せてくれる。小屋の玄関先で昼食 この好天なのに誰も居ないのである 風景と眺望
を一人占めした。
登山口の石段のカタクリは朝の蕾から咲き誇っていた。ダム周辺の車道はふたり連れの若人の車が5〜6台とすれ違う。山も下界も春本番だ。明日はお彼岸の中日。

アルバム