戻る

年 月 日

スノーボード 初トライ
其の六

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2004 3/10

白峰温泉スキー場

快晴

18.8℃  1.1℃
(+8.8  -1.1)

単独

先日の大雪(7日・福井市内で26cm)でフリートレックでの山は、ラッセルの登り、もなか雪で難儀するだろうとスノーボードに決めた。

5回トライして六呂師スキー場は物足りなくなった。武者修行に出かけよう。
今日も雲一つ無い快晴の日になった。朝の冷え込みは無く谷峠へ向かう国道は高く壁になっている雪が融けだして路面を濡らしていた。取立山登山口には5台停めてあった。谷トンネル入口には2台、出口に1台。

白峰温泉スキー場は平日に限りシニアDAY(50才以上)があって一日券¥3800のところ半額の¥1900なのでありがたい。水・木曜日はレディースDAYでこれも半額で乗れるのだ。
気のせいか年輩の人達、ギャルが多く見られる。
アイスバーンのように堅く締まったゲレンデに出たのは9時、エッジがよく効いて音をたてながら快調に飛ばす、1時間すると好天と暖かい風で雪は緩み始め僕のレベルにピッタリのゲレンデになってきた。全コース滑り回る。
11時、南西の風が強くなって青柳山に架かるジャイアントリフトは休止。

風を避けてヤングバレーで滑りまくった。全く風は感じない。ヤングバレーはスキーヤーの方がボーダーを上回っている。年輩のスキーヤーも多く、今の滑走方と違ってあまり膝を畳まない、上体を伸ばして優雅に滑っているクラシカルな人もいる、なんとなく懐かしい。BGMも70年代のフォークソングが流れている。

握り飯2個の昼食30分。昼過ぎると益々風は強い、ダイヤモンド第2リフトも休止。雪は腐って膝の負担が増してきた。これ以上やると危ない1時30分で切り上げる。2時をもって営業は終わりにしますの場内アナウンス。

昼食30分休んだだけで転倒も少なく4時間滑りまくった。6回目でここまで滑れるようになったのは予想もしなかった、益々のめり込みそうだ。上の技トライするには未だ時間と転倒が待っているが。
来シーズンにはアップダウンの無い、護摩堂山か取立山にトライ出来そうだ。しかし5kgのボードを担いで登らなきゃならない、ここが問題だ。体力付けねばならない、当面は減量だろうなぁ・・・。


日本スノーボード協会オフィシャルサイト
スノーボード講座

南西の強風で吹き流しがご覧のとおり