戻る

年 月 日

スノーボード no.11

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

2006年 2月22日

スキージャム勝山
福井県勝山市

快晴

16.7℃  0.5℃
(+9.3  +0.3)



今日も誰も滑っていないゲレンデに軌跡を残そう〜8時始発のリフト稼動待って滑ろう〜
今庄365スキー場シーズン券で滑っているドッポさん、スキー場から数分地元のひろろとろろさんと一緒だ。今年初顔合わせかな〜
道路脇の気温は早朝から8度の表示、先週に続いて暖かくなりそうだ。ゲレンデは放射冷却でバリバリ、エッジ切る音が心地よい。
10時回ると緩んで快適斜面、昼過ぎると腐って膝の負担が増して来る。緩斜面ではカービングターンらしき軌跡が残せた。

快晴ならば山ヤは自然と山頂に向かって登るのです。4〜5分で山頂、360度青空に白銀の峰々壮観です。
雪の大野盆地の向かいには銀杏峯・部子山がクッキリ見える。確か今日は銀杏峰の主さんのガイドでジオンさん和たんさんが登っている。今頃山頂手前だろうか〜と目をこらすが肉眼では見えませんね〜望遠鏡だったら見えただろう。

ひろろとろろさんドッポさんご両人ともイリュージョンの急斜面を難なく滑る、昨年より数段上達している。ボードはリフト乗り降りに脱着、装着で時間がかかる。スキー組は滑るのも早いし遅れをとる。スキー組と分かれて滑ることになる。

ひろろとろろさんは昼過ぎでお別れ、ドッポさんと僕は一日券、休憩1回、昼飯の休憩だけで8時から3時半まで滑り通したのです。
僕より5才年上のドッポさんタフですね〜脱帽です。

来週からはいよいよ山ボードモード。ボード向きの有形山と思っていた。つぼ足かカンジキにボード担いで、山スキー組とは登りにハンデキャップ。それでもひろろとろろさんドッポさんは付き合ってくれる、ありがたい。



 →日本スノーボード協会オフィシャルサイト
 →スノーボード講座

別山・三ノ峰・赤兎山

大野盆地と銀杏峯・部子山

白山をバックに法恩寺山山頂
パトロールの人に撮って頂く。御前峰・別山を入れて上手く撮りますね。