戻る

年 月 日

スノーボード no.10

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

2006年 2月15日

ウイングヒルズ白鳥
岐阜県郡上市白鳥町石徹白峠山

13.3℃  5.0℃
(+6.2  +5.1)



今日も誰も滑っていないゲレンデに軌跡を残そう〜8時始発のリフト稼動待って滑ろう〜
とは言っても今日はウイングヒルズ白鳥、7時30分始発だ。6時自宅を出て美山、大野は雨降り今日の予報も曇。2週連続お陽様を見ていない。油坂峠では雨は上がっていた。

到着7時40分、標高950mの「満天の湯」第2駐車場は昨日の雨と雪解けで水たまりが出来ている。暖かい日になりそう。ゲレンデ脇の第2駐車場に留めた方が便利が良い。標高850mのスキーセンターへ滑って降りられるのである。
平日にしては賑わっている。スポーツショップのAlpen,sportsDEPOのグループ会社のスキー場とのことだ。先日、板・ビンディング・ブーツ3点購入して平日の一日券をプレゼントしてくれたのです。

8時過ぎには雲は切れ青空が〜予報外、想定外やっぱりスキー場は青空が似合う。全長2300mのゴンドラリフト8分乗って標高1350mまで上がる。左右の尾根コース、真下の谷コース、一通り滑るのに2時間掛かりそうだ。両尾根コースも中だるみが有りスキーヤーはスケーティングでこなすがボードは厄介だ、それでも新調の板は良く滑ってくれる。

昼前には気温はグングン上がってTシャツ一枚で滑っている若者達、ハーフパイプ、キッカー、レール、ボックスといろんな仕掛けが有り芸達者が多く見られる。不良中年ボーダーはただただ指をくわえて見ているだけだ。30年若かったら〜と思うのです。
モーグルバーンも有ってさすがスポーツショップのスキー場だと納得するのです。只今トリノ冬期五輪中、皆さん何時もと熱の入れようが違いますね〜。

圧雪の湿雪は膝にくる、一服し展望を楽しみひなたぼっこ。ここもそうだがゲレ食は高値でボリュウムがない、ダケカンバの森でカミさんの作った弁当を広げるのです。

平日なので駐車場は無料、一日券も無料、昼食は持参の弁当。全くスキー場に金を落としてない。「満天の湯」7百円だけでもと入るが
スキー場全体を望めて重曹泉の天然温泉、予想以上のいい温泉だった。



 →日本スノーボード協会オフィシャルサイト
 →スノーボード講座

センターハウスから

毘沙門岳とスノーウエーブパーク白鳥

標高1350mゴンドラリフト終点直下 ダケカンバのクルージングコース

BOARD-SALOMON  BINDING-Kissmark BOOTS-K2 RANGE