戻る

年 月 日

スノーボード no.1

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

2005 11/9

鷲ヶ岳スキー場
岐阜県郡上市高鷲町

曇時々晴

16.2℃  7.3℃
(-0.9  -0.6)



11月3日、アイスクラッシャーでオープン。昨年より10日早いオープンらしい。
最初の水曜日、感触を味わい出かけた。
アイスクラッシャーとは氷を製造し3mm角に砕いて、幅約20m、全長1500mのコースに木材チップの上に敷き詰めての人工ゲレンデ。雪ではなく氷のピステなのです。降雪機もあるが外気温0度以下しか運転出来ない。

地球温暖化対策のため、クールビズ、ウォームビズ、ハイブリッドカー、省エネなどと巷に単語が舞っている。
環境省の話しでは
「暖房設定温度を21度から20度にした場合、年間で1家族あたり約25.7kgの二酸化炭素を削減することができます。日本では年間の暖房日数の方が冷房日数より多く、外気温と室温との差が大きいため、冷房設定温度を27度から28度にした場合の年間約5.9kg削減に比べ、約4.4倍の削減効果があります。」とホームページに書いてある。

「自然派」と自称しているボクは、後1ヶ月すれば天の恵みから雪が降るではないか、大量の電力消費してまで人工ゲレンデを造る事はなかろう〜と思うのである。
しかしそんな話は吹っ飛び、欲望と快楽を求め、優柔不断のボクはおいしい誘惑に触手を伸ばすのである。

西高東低の福井は北陸特有の時雨、山は諦め初滑りに出かけた。8時のリフト始発を待ってピステにでた。
小糠雨は上がって時々陽が射す。朝一番は締まって凹凸もなく快適、7ヶ月ぶりのボード感触を味わったのです。
1時間もすれば多くの人達、水曜日は女性に限りリフト無料でギャルからそうでない人まで賑わい、ピステは荒れ凹凸が出来てくる。
熟年組のスキーヤーもたくさん見えている。熟年組は重たいピステに嫌気がさし早々に引き上げていた。
ボクも3時間滑って初滑りを終えた。周りは紅葉盛り、何とも不自然な風景だった。





日本スノーボード協会オフィシャルサイト

スノーボード講座

紅葉真っ盛りにボードとはね・・・

-

-

左奥 大日ヶ岳       ボクではありません