戻る

年 月 日

スノーボード 初トライ

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2004 1/28

スキージャム勝山

晴後曇

5.3℃  -0.5℃
(-0.4  -0.1)


一昨年だったと思うが護摩堂山からスノーボードで滑走してくる青年がいた。柔らかい雪質に関係なく豪快にダイナミックな滑り姿に唖然としたのでした。雪質によって繊細な山スキー滑り方と違ったスノーボードの滑走に驚嘆しました。う〜んん!これは面白ろそうな〜ヤッテみたくなりました。

ところが驚いた事にカミさんもヤッテみたいと言いだす、昨秋のパラグライダーランデムフライトは只インストラクターに抱っこされているようなもので自分の技量は全くいらないのである。
しかしスノーボードは自力で滑らなきゃならない、50才を過ぎたカミさん(僕もだが)が大丈夫だろうかと心細くなってきた。

前日、グローブ買いにスポーツショップに行った。最近は思ってもいない物がいろいろ有る、スポンジ製の尻当てのインナーが有るのである。最初は転倒を覚悟しなきゃならないのでカミさんの分だけ買ったのでした。

スノーボードのいろはから教わらなきゃとスキージャム勝山のスクールに入った。上の年令制限は無いようだ。
(スクール+スノーボードレンタル¥9000)

僕とカミさんと学生の青年2人、インストラクター1人で2時間の初心者教室がスタートした。
ストレッチから始まり、ボードの脱着。左足だけボードに固定して傾斜が有るか無いか所でゆっくり滑りだす。
進行方向に左手を伸ばし、滑り出せば右足をボードに乗せる。これを繰り返してボードに乗っている感じを憶える。
次にボードの上で膝の曲げ伸ばし、伸ばしたところで左手を進行方向に向けるとターンをするのです。スキーの抜重と同じですね。予報に反して陽射しが有り、数度の転倒で体は汗だく。

最後にリフトで上がり今教わったターンの練習、急斜面では横滑り、これが思うようにはいかない。転倒数回でどうにか滑ったと言うより下りたのでした。最初はこんなものだろうと納得したのです。
転倒して上手くなるのでしょう、数をこなせば物になるだろうと実感しました。

明くる日、二人とも痣もなく筋肉痛も無いようでした。山から滑り降りられる日を夢見て気長に挑戦したいと思っています。