戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2004 12/8

国吉城趾から御岳山
(くによしじょうし)
(おたけさん)

548m

早瀬


曇一時晴

13.3℃  7.5℃
(+2.2  +4.2)


行 程
福井市自宅出発700===木の芽トンネル経由===福井県美浜町佐柿登山口(標高20m)835〜855---国吉城趾925〜
935---最初のNHKアンテナ940---NHKとFBCのアンテナ1020---三角点405.5m1025---宮代分岐(弥美神社へ)1055---御岳山1100〜1200---国吉城趾1305〜1315---登山口1335
                                 ◆往復 休憩時間含む ■出会った登山者 0人

戦国時代の国吉城址と近代繁栄の基礎で珪石鉱山の有った御岳山、新旧の歴史を訪ねる。
国道27号の椿峠のトンネルを抜けると佐柿集落、集落の中には「佐柿関所跡」や「高札場跡」の石碑が立つ。「准藩士屋敷跡」が登山口になっている。電気柵を跨いで行くと城主居館跡、数名で発掘調査中であった。お宝見つかりますかと伺うと「瓦と欠けた茶碗ばかりですわ」。

杉林へ入って行くと急な道に変わって、要塞の山城だと分かる。「美浜山遊会」の案内札が木々にさがっている。
この山にも「国吉城趾まつり」の幟、どこも地域町興しの祭が行われるのだろう。
堀切、石垣の跡、本丸跡は広場になっている。見晴らしが良く丹後街道であった国道27号と海岸線が眼下に要塞に相応しい山城だったのだろう。

城趾から尾根伝いに御岳山に向かう。曇空から小雨が降ったり、日射しもある時雨模様。登山道は広葉常緑樹が多く僅かに残ったモミジの橙色が色を添えている。寒波は無く何時もと違う陽気、スミレ、リンドウが咲いている。
急な登りはなく素っ裸の木々に深く積もった落ち葉、素っ裸だから見通しがいい。405.5mの三角点を過ぎると尾根は広くなり益々緩やかな道となる。山頂近くになると直径4mほどの穴が幾つもある、珪石鉱山の索道鉄塔の跡だろう。

山頂北斜面はスパッと切り落ち人の手が入ったのが一目瞭然、鉱山跡だ。閉山から17年植生回復に力を注いだのだろう今では緑の斜面になっていた。
晴れたり小雨落ちたり無風の中、1時間の昼食。長居も出来ない。今日は数件の所要をこなさなければ成らない。
暖かい日が続いているがやはり師走である。



登山口にある准藩士屋敷跡

小浜藩預かりとなった水戸天狗党の残党を収容するため、慶応2年(1866)にこの地に新築されたもので、周囲の石垣が現存する。

尊皇攘夷実現のため、常陸国筑波山で挙兵した水戸天狗党は京都を目指したが、幕府軍の追撃を受け越前国敦賀で降伏した。

慶応元年(1865)首領の武田耕雲斎以下353名は死罪となったが、遠島となった武田金次郎以下110名は小浜蕃に預けられて敦賀で謹慎し、
翌年赦免された。

小浜藩では彼らを准藩士格として扱い、佐柿に移した。慶応4年(1868)
朝廷より水戸帰藩を命ぜられ、佐柿を後にした。

  〜案内板より〜

城主居館跡の発掘

洗い出し

国吉城址本丸を望む

国吉城址 〜案内板より〜 美浜町教育委員会
美浜町指定史跡国吉城址は、若狭国守護大名武田氏の重臣であった栗屋越中守勝久によって、
弘治2年(1556)に築かれた中世の山城跡である。
通称「城山」の最高所(標高197.3m)を本丸として、北西に延びる尾根上には段々の削兵平地(曲輪)が
連続し、その先端に丹後街道が通る椿峠があった。

尾根の斜面は切り立って急であり、守り易く攻め難い城であった。実際に、永禄6年(1563)から数年におよぶ勝久と越前朝倉氏との戦いにおいては、城を守り通して名声を内外に轟かせ、その活躍は『若州三潟郡国吉籠城記』などの軍記にまとめられた。元亀元年(1570)、越前攻めのために木下藤吉郎や徳川家康らを伴って国吉城に入城した織田信長は、城を守った勝久を誉め称えたと伝わる。

その後、天正11年(1583)に入城した木村常陸之介定光は、椿峠を越えた丹後街道が集落の中を通るように道筋を付け替えて町割りを行い、佐柿の町を興した。江戸時代に入ると国吉城は廃され、寛永11年(1634)に若狭国の領主となった酒井忠勝は、町奉行と藩主休憩所として御茶屋屋敷を置いた。以後、佐柿は三方郡の中心、丹後街道の宿場町として繁栄し、
現在も当時の景観を色濃く残した古い町家や寺院が存在。

城址から佐柿集落と上は河原市・南市・郷市の美浜町中心部とR27号

中腹の尾根道

御岳山山頂下から佐田の海岸

御岳山山頂から坂尻海岸 アンテナの尾根を登る 雲がかかる天王山330.7m

御岳山山頂 三角点は無い

山頂直下北斜面の若狭珪石鉱山

NHK・FBCアンテナ

御岳山山頂