戻る

日付

2006年

大毛無山
(おおけなしやま)
1429m
ARAI MOUNTAIN&APA

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

スノーボード
カンジキ

5月10日

新潟県妙高市両善寺

快晴後曇

25.2℃  23.0℃
(+3.2  +10.9)


福井自宅出発010====上越高田IC====新潟県妙高市道の駅「あらい」仮眠315〜730====ARAIMOUNTAIN&SPA
750ゴンドラ830++++膳棚リフト終点(標高1280m)900〜915----大毛無山950〜1015----膳棚リフト終点1020
                                              ■出会った登山者 0人



乗鞍岳の予報は良くない、3千メートル級の山は好天に行きたい。新潟県上越辺りは良さそうだ。スキー場営業しているのはARAIだけかな〜そのARAIも14日まで。
ゲレンデ最後の滑りを楽しみ大毛無山に登ってみよう。

深夜のドライブ退屈で睡魔が襲う、70年代のフォークソングを音量上げて走る。丸岡IC〜上越高田IC間¥5550。30%offの深夜料金¥3900、得した気分。道の駅「あらい」には沢山のスキーヤー・ボーダーの車。約4時間の仮眠。

ARAIに移動してゴンドラに乗る。シーズン最後はシニア料金1日券¥1600。膳棚リフトから降りるとパトロールの人から登山届を出して下さいとの事。日射し強く無風、ツボ足よりカンジキ履いた方がよさそう。パトロールの人に写真撮っていただきさぁ〜稜線漫歩だ。減量のせいか快調に登る。登るたって標高差150mなのだ。妙高山はずーっと視界にあったが火打山・焼山が見えだす。スキーにもボードにも良さそうな斜面が何時かは滑ってみたい山だ。山頂に着いても無風、土の見えて居る処で座り込んで展望を楽しむ近くに日本海と頸城の山々。大毛無山の謂われは山頂付近に高木が無く禿の山からの事らしい。

さぁ〜滑ろう〜ザラメに縦溝、スキーよりボードの滑りは気にならない。あっ〜と言うまの5分の滑降だった。
膳棚ゲレンデに戻り13時まで滑り通したのでした。強い日射しで汗だく、SPAでサッパリと汗を流す。
長野・富山は30度を越す真夏日だったようだ。暑いはずだ〜。




ARAIプラザから中央奥 大毛無山

ホテルエリアと膳棚リフト

膳棚リフト終点から大毛無山

妙高山 火打山 焼山

妙高山

山頂から火打山 焼山

大毛無山山頂

大毛無山頂から妙高山

膳棚ゲレンデ

膳棚ゲレンデ