戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日金沢市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2005 5/4

おまい山

720m

白峰・加賀市ノ瀬
北谷・加賀丸山


快晴

25.7℃  12.4℃
(+4.6  -1.2)

静御前


行 程
福井市自宅出発730====石川県白山市(旧・白峰村)林西寺(標高490m)830〜840----忠魂碑905----シャクナゲ群生地945----車道1030===車道歩き====林西寺1045
                                  ◆周回 休憩時間含む ■出会った登山者 0人



3月16日有形山をスノーボードで滑り終えて、ひろろとろろさんからおまい山にもシャクナゲが咲くと聞いていた。
さすがに行動派のひろろとろろさんは5月1日に登っていらっしゃる。見事なシャクナゲの花とブナの森が載っている。
4日は見頃との事。

静御前さんとカミさんは今年の初登山。娘とは3〜4年ぶりの山登りになった。昨日に続いて雲一つ無い快晴。大型連休後半は好天続きで何処の山も賑わっているだろう。マイナーなおまい山はどうだろ〜か。

林西寺(真宗・大谷派)は白山を開いた越の大徳・泰澄大師の開祖と聞く。先週の奥獅子吼山と言い今日のおまい山、泰澄大師開山の山らしい。
林西寺の裏手からつづら折りの優しい道。山の急斜面の下は白峰集落、雪崩防止林だろうブナの原生林がある。登山道いっぱいにブナの雄花が沢山落ちている。こんなにたくさん落ちているのは珍しい。今年には沢山実を付けてくれるであろう。

登山道は今が盛りのタムシバロード。稜線に上がると白山が見えだす。ヤセ尾根になるとお目当てのシャクナゲの群生地。
見事に咲き誇っている。山では唯一大型の花は目立つ存在だ。まして赤からピンクは山に彩り登って来て良かったと思うのです
見頃の時、出会った人達は居なかった。

ぐるーっと一周、2時間。昼食には早い。昨年も登った市ノ瀬の白山展望台で昼食に市ノ瀬に向かう。



明治元年 神仏分離令により白山山頂より下山した白山本地仏が
林西寺(真宗・大谷派)境内の白山本地堂に安置されている。


白山御本地佛

国指定重要文化財
銅造十一面観世音菩薩立像(旧室堂)
銅造十一面観世音菩薩座像(御前峰)
銅造阿弥陀如来座像(大汝峰)
銅造聖観世音菩薩座像(別山峰)
木像泰澄大師座像(御前室堂)
銅造地蔵菩薩座像(千蛇が池)
木造釈迦如来像(檜木の宿)
木造薬師如来座像(市ノ瀬温泉)

左・白山本地堂    右・林西寺

白峰集落と手取川

ブナの巨木

ブナの雄花

有形山と別山

シャクナゲ

シャクナゲとタムシバ

タムシバ

おまい山から白山



市ノ瀬白山展望台(岩屋俣谷園地)と市ノ瀬園地

市ノ瀬駐車場(永井旅館)1130---水芭蕉群生地1140---展望台(昼食)1150〜1305---今宿口1335---市ノ瀬園地1337〜1400
                                      ◆周回 休憩時間含む ■出会った登山者 11名

林西寺から移動して市ノ瀬の駐車場に止める。さすがに大型連休、駐車場はほぼ満車、遠くは宮崎、水戸のナンバーも有る。白山、別山に行っている事だろう。
昨年は別山の方の登り口から展望台に行っている。今日は永井旅館の裏手から登る。中年夫妻が登ろうか躊躇している、ゆっくり登っても30分で登れますよと云うと付いて来た。10分登ると小さいながら水芭蕉群生地、今冬は雪が多くやっと咲き出したと云う感じだった。

20分で展望台。6名東屋で昼食中、僕達も弁当を広げる。見覚えの人が〜はてな〜店のお客様かな〜某国立大の学長さん一行でした。
今宿口からのイワウチワの群生は見事だと教えて頂く。日陰を作ってくれる東屋は爽やかな風に快適だ。



市ノ瀬 白山展望台から

イワウチワ

展望台 東屋



帰りに勝山市北谷のミチノクフクジュソウを撮る