戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2007年10月10日

白山 中宮道
お花松原


2702.2m

加賀市ノ瀬
白山

快晴

22.6℃  11.4℃
(+0.3  -1.8)

燈の宗さん

福井市自宅出発300===石川県白山市別当出合登山口(標高1260m)420〜440---中飯場525---甚之助避難小屋635〜700---
黒ボコ岩750---室堂815〜820---千蛇ヶ池900---大汝峰分岐910---お花松原1015〜1050---翠ヶ池1150---御前峰1230〜1240
---室堂1305〜1400---アルプス展望台1445---南竜ヶ馬場1520---甚之助避難小屋1600〜1610---中飯場1650---別当出合1730

       ■砂防新道〜中宮道〜御前峰〜展望歩道〜南竜ヶ馬場〜砂防新道 ■出会った登山者 30人位(中宮道では1名)



黒百合の咲くお花松原も良いが紅葉も素晴らしいと893さん(ヤクザではなくハクサン)からお聞きしていた。
毎年10月第一週が見ごろらしいが彼岸過ぎても異常な暑さが続き冷え込まない。一週遅らせてのお花松原へ行こう。

別当出合は満天の夜空。明けの明星だろう〜か進行方向に一際輝いている。放射冷却で手がかじかむ程冷たい。
中飯場過ぎた頃ヘッドランプは不要。甚之助避難小屋で軽めの朝食、歩きを止めると寒い。十二曲がり上部でようやく日の光、暖房機器のヒーターに当たっているように太陽のパワーは偉大だ。

弥陀ヶ原に上がれば素晴らしい青空が広がっている、無風の草紅葉は静まり返っていた。五葉坂には霜柱、今日初めて人との出会い。
御来光拝んで下山の人達3人。室堂は閑散としていた夏の賑わいが嘘のようだ。

千蛇ヶ池は薄く氷が張っている、今朝の室堂は氷点下4.4度との事。大汝峰分岐から稜線に上がれば北アルプスが一望、御岳の奥の山並みは南か中アルプスだろう〜。こんなに遠望出来るのは初めての事、素晴らしい。

北アルプスを眺めながらお花松原への急坂を下る。男性一人が上がって来る。今夏のお花松原の時は雲海の下だった中宮道の尾根そして三方崩山が目の前。ヒルバオ雪渓は僅かに残るのみ、谷筋には全く水は無くここで昼食の予定だったが室堂でする事にした。

周りは色づき賑やかにしてくれる、ナナカマド実は真っ赤、しかし葉は紅葉する前に枯れているのが多く見られる。それでも燃えるような真っ赤な葉も見られ素晴らしい。例年の紅葉だったらどんなに素敵な処だろうなぁ〜。腰を降ろし周りの風景に見とれます。

ゆっくりは出来ない急坂を登り返す。燈の宗さんお池巡りはまだの事、お池巡りから御前峰を目指す。昨秋の平瀬道から登った御前峰と全く同じ様に半袖で十分な陽気。

室堂で昼食、昼寝。雲一つ無い好天だから展望道を下ろう〜。大倉尾根の平瀬道に白水湖を眺めアルプス展望台で一息。
アルプス展望台は思い出の所。娘が幼稚園の時、南竜ヶ馬場で寝過ごし親子3人急いで息を切らせて登った展望台。どうにか御来光を拝めたのでした。朝のコーヒーが美味く感じた展望台です。

南竜ヶ馬場から甚之助避難小屋へ別当出合に着く頃、日の出からお付き合いして頂いた太陽は山稜に姿を隠し始めていた。
長時間歩き通した燈の宗さんお疲れさん。



十二曲がりから別山

弥陀ヶ原

御前峰 

室堂

千蛇ヶ池

七倉山と五色池

御岳

北アルプス・乗鞍岳を望みながらお花松原へ下ろう

お花松原

お花松原   中央・大汝峰

お花松原

お花松原

-

お花松原

御前峰から室堂・別山

-

展望歩道から別山

展望歩道から平瀬道の大倉山・白水湖

展望歩道から南竜ヶ馬場・別山

落日の別当出合 吊り橋