戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2007年11月28日


敦賀 乗鞍岳

855.6m

駄口

快晴

15.8℃  6.8℃
(+3.1  +2.3)

静御前さん

福井自宅出発700===福井県敦賀市山中峠登山口(標高389m)810〜825---国境スキー場分岐905---H789m950---
乗鞍岳山頂1040〜1215---国境スキー場分岐1320---国境スキー場上部1330---登山口1355

                                           ■一部周回 ■出会った登山者 2名



国土交通省山中スノー基地の南隣の空き地に駐車。登山口の案内は全く無く一番近い送電線鉄塔に向かって進むと送電線巡視路の標柱が有った。急登を過ぎると最初の鉄塔に着く。ここから先は良く踏まれた道に変わる。既に紅葉は終わって落葉の素っ裸の山になっている。
遮るモノはなく見通しの良い登山道、初冬の柔らかい日差しの下落ち葉を蹴散らし快適に進む。鹿の糞にドングリがたくさん落ちていた。

1時間過ぎると10日前の寒波だろう〜登山道に雪が出現。千メートル足らずの山は風景を一層楽しませてくれます。
青空に白山の頂きが白銀に光って見え、東、南に伊吹山と琵琶湖、前線に近い分だけ空は雲が多く靄って見えます。

H789mの主稜線から登山道は20cmの雪の道。山頂手前の鉄塔付近は風の通り道だろう〜強風で寒い。ここから野坂岳、岩篭山が身近に見える。ヤセ尾根を通り関西電力無線中継局の有る乗鞍岳山頂に着く。

山頂は風も無く穏やかな小春日和、風景を楽しみ昼食は至福の一時。昼食終わる頃空は雲が多くなり降りましょう。
山頂を後にするとお揃いの帽子を被った二人連れ、帆布の帽子あの有名な帆布社のモノだった。京都からお越しで「白山が望める何て素晴らしい」と言っている。

国境スキー場へ降りてみるが、ゲレンデの下りに閉口した歩く辛いのある。開業に向けてリフトの試運転中だった。



ブナの混じる雑木林道

ブナの森

-

-

ブナの森

登って来た尾根を振り返る

ブナの巨樹

主稜線

山頂付近から白山
山頂付近から伊吹山 余呉湖
前線に近い南は雲が多い

山頂付近から琵琶湖・竹生島

山頂

高島トレイル標柱

山頂 無線中継局