戻る

日付

2008年

乗鞍岳

天 気

当日
奈川の12時気温

スノーボード
ROSSIGNOL MINI
アイゼン

5月7日

3025.6m

快晴
風強し

21.2度

単独

福井自宅出発2300====白鳥経由====岐阜県高山市安房峠トンネル料金所(仮眠)140〜445====
長野県松本市安曇・三本滝(仮眠・朝食)540〜820====松電バス====位ヶ原山荘(標高2350m)845〜910---
肩ノ小屋口トイレ1015---蚕玉岳(こだまだけ2975m)1220---剣ヶ峰1235〜1400---三本滝1430
                               ■出会った山スキーヤー約20人 ボーダー9人 登山者1名



仕事終えて深夜のドライブは睡魔は襲う、安房峠トンネルまでが限界。寝袋に入る寒くて目が醒める、3時間の仮眠。
日射しのある三本滝へ移動して仮眠と朝食。

三本滝バス停で先週立山でお会いした石川県のKさん夫妻が見えています。この天気ですものね〜
板込みの料金1150円で位ヶ原山荘へ。

好天であるので剣ヶ峰狙いで最初からアイゼンを履く。Kさん夫妻やスキーヤー達の早いこと差は広がる一方、ボーダーは勝負になりません。

スノーシューの若人3人と前後しながら進みます。肩ノ小屋口の夏トイレまで順調に1時間。早いスキーヤーは稜線に上がっています。朝日岳の中腹をトラバースし蚕玉岳へ向かう。この頃から西よりの強風、岩稜の石がカラカラと鳴り、砂石が飛んでくる。
背の板を揺らす。稜線から山頂を諦めたスキーヤーは早々とドロップインしている。
腰をおろし、さてどないしましょう。天気の崩れはなさそう、時間を掛けてまででも山頂へ決行。顔面マスクに毛の帽子で防寒。
68才の単独男性登山者も上へ向かっています。肩ノ小屋で休んでいたスノーシューの3人も山頂へ登って来ます、「頑張りましょう」と声をかけてくれます。
朝日岳と蚕玉岳のコルに上がると強風で体がふらつき確実に一歩一歩進みます。風速20mを越す強風だろう。

蚕玉岳から剣ヶ峰は手に取るように間近。剣ヶ峰には「貴方がボーダー、登山者に続いて3番目に登頂ですよと」おじさんスキーヤーが言ってくれます。地元の方で記念写真も撮ってくれます。

神社で風を避けると強風が嘘のような暖かい初夏の日射し。脚をゆっくり休め展望を楽しみます。槍穂や笠、常念岳手前に焼岳。振り向くと御嶽、しかし白山は靄って見えません。

スノーシュー3人はスキーヤー2名ボーダー1名、ビデオ撮りながらドロップイン。脚をゆっくり休めたし最後になって蚕玉岳と剣ヶ峰のコルからドロップイン、GWウイークの後だけにバーンは荒れていますが腐りかけたザラメに雄叫び快適です。

位ヶ原から樹林切り開きはコースは凸凹、車道横断に2度板を履き直し三本滝に到着、既にKさん夫妻は滑り終えて駐車場にいます。

Kさん夫妻、行動を共にしたスノーシュー3人、又も湯船の中「湯けむり館」でお会いするのです。露天風呂から滑ったバーンが逆光でキラキラ光って見えています。スノーシュー3人は○○○白川郷自然学校のスタッフでした。お世話になりました。




鈴蘭高原から

バス停 位ヶ原山荘

位ヶ原山荘で準備(写真提供 Kさん)

Kさん夫妻

登り始めて15分 剣ヶ峰・蚕玉岳望む

バラバラと単独行が多い

コロナ観測所が見えてきた

朝日岳中腹から肩ノ小屋 摩利支天岳

蚕玉岳から剣ヶ峰 大日岳(奥ノ院)

剣ヶ峰山頂から穂高連山

剣ヶ峰

剣ヶ峰から蚕玉岳・朝日岳・肩ノ小屋 畳平方面

剣ヶ峰から大日岳 奥に御嶽

剣が峰と蚕玉岳のコルからドロップイン

位ヶ原から剣ヶ峰・蚕玉岳・朝日岳