戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2001 6/6

鳴谷山の水芭蕉
なるたにやま

白峰・加賀市ノ瀬

小雨

23.1℃---18.4℃
(-2.2  +2.0)

 燈の宗 文の宮 
洋の宮 

行 程
福井市出発800====石川県白峰村砂御前林道登山口940〜955----鎧壁1040----水芭蕉群生地1055〜1120---登山口1220====大嵐山キャンプ場1240〜1510(昼食)                   
                             ●往復 途中休憩時間含む ●出会った登山者 0人

山頂を諦めて水芭蕉群生地まで行くことにする 雨の予報で前夜に決めた。勝山市で洋の宮さんと合流 小雨が降り続く 登山口で一旦雨は上がったが10分も歩かないうちに無情にも又降り出した 下山まで傘はさしたままだった。
稜線のシャクナゲは既に咲き終わっている よく探して見ると落花寸前の2輪だけ見る事できた。鎧壁に幾筋もの滝がこの雨で出来ている雨の日もよいものだ。慎重に鎧壁を通り過ぎると水芭蕉の群生地 この群生地は広大な斜面にあり下部から上部に渡って見る事ができる 葉は大きくなっているが まだ見れる頃だった 周りにリュウキンカ ザゼンソウ サンカヨウ エンレイソウ等と咲いている 緩やかな稜線の鳴谷山は雨に靄ってかすかに見え隠れしていた。昼食は大嵐山キャンプ場の炊事舎でたっぷり時間かけてとった。
アルバム ミズバショウ リュウキンカ エンレイソウ サンカヨウ タニウツギ 鎧壁