.戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2006年9月24日

文殊山
もんじゅさん

365m

鯖江



25.0℃ 15.4℃
(-0.2  -1.4)

単独

福井市自宅出発430===福井市角原町登山口(標高70m)450〜455---展望台520〜535---文殊山(大文殊)540〜620
---展望台625〜655---登山口720
                                      ◆往復 休憩時間含む ■出会った登山者 1名



4時、目覚まし時計で起きて外に出る。星は数えるほど、車には朝露が降りていない。これじゃ素晴らしい御来光は期待出来ないだろう。止めようかなぁ〜、いや〜折角早起きしたのだから朝の散歩のように短時間で登れるのでGOだ!

文殊山への登り口は6ヶ所もあるようだ。最短で行ける角原(つのはら)集落からにしよう。
集落の奥に案内板があり駐車スペースが有って此処が登り口のようだ。「熊出没・注意!」の掲示がある。林道は沢沿いに先に延びている。600m走ると林道終点だった。此処にも2〜3台の停められるスペースがある。

一昨年のようにあっちこっちで熊騒動のニュースが流れている。この頃、単独行が多いのでカミさんから携帯電話を持ちなさい〜と命令が下るのです。日常は全く必要ないのですが緊急用にと、先日早速申し込みに行ったのです。町には携帯電話ショップが目立つようにある。色んな機能のある機種がたくさん展示してありますね〜。見やすい文字の大きなのを薦められるのです。
下4桁の番号を希望出来るそうで従来の据え置きの店の電話番号を申し込む。店員はPCで検索、3通りの番号を出してくる。偶然だろう〜下6桁が店の番号と同じになった。「080-19**-****」これは憶えやすい。

さて〜重機で削り取ったようで幅広い登山道。夜明け前の山は静まり返っている。室堂からの尾根に上がると薄明かるくなってくる。
コンクリートで出来た展望台に上がってみると東と西の展望は木々が邪魔している。北の福井市街と南の日野山に武生市街が町の灯りが見えている。

大文殊で東側が開けて雲が多いが白山御前峰を見る事が出来た。空が赤く染まる頃になると峰は雲の中。別山と三ノ峰はクッキリ見える。
日の出前の一瞬赤く染まる空は一番美しく感動するのです。5時50分雲を下にして御来光。予想以上に素晴らしい、来て良かった。

展望台に戻り刻々明るくなる山並みを眺めコーヒーを点てパンを囓る。清々しい一時だった。展望台の下を通って登って来る男性一人背には大きなリュック、散歩では無いようだ「おはようございます」と返ってきた。



2001年1月31日の文殊山


展望台から 日の出前の福井市街 手前は北陸自動車道

展望台から 日の出前の日野山(越前富士)と武生市街(越前市)

大文殊から 日の出前の別山・三ノ峰

大文殊からの御来光
大文殊から

文殊山山頂 大文殊