戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2004 5/6
大嵐山 水芭蕉群生地
市ノ瀬白山展望台 
水芭蕉群生地
根倉谷 水芭蕉群生地

3ヶ所の水芭蕉群生地を訪ねる

900m
1100m
750m

白峰
白山市ノ瀬
白山市ノ瀬

快晴

26.0℃  7.0℃
(+4.6  -4.5)


行 程
大嵐山 水芭蕉群生地
福井自宅出発600====石川県白峰村大嵐山キャンプ場715〜725----峠740----水芭蕉群生地750〜815------
峠830----ブナの森840〜855----峠905----展望コース----大嵐山キャンプ場935                                       ■周回コース 休憩時間含む ■出会った登山者 50人位


市ノ瀬白山展望台 水芭蕉群生地
大嵐山キャンプ場出発940====市ノ瀬駐車場1025〜1030----市ノ瀬白山展望台1110〜1140----水芭蕉群生地
1145----永井旅館裏1200---市ノ瀬駐車場1203
                           ■周回コース 休憩時間含む ■出会った登山者 0人


根倉谷 水芭蕉群生地
市ノ瀬駐車場出発1205====根倉谷水芭蕉群生地1215〜1330             ■出会った観賞者 8人 

今日は5日(水曜日)の振替定休日。先週の大山・横谷水芭蕉群生地に続いて白峰村の水芭蕉群生地を3ヶ所探訪。

朝靄の吉野ヶ岳を見ながら車を走らせる。文句無しの快晴だ。永平寺辺りでガソリンゲージに黄色いランプが点灯。
スタンドは早朝だからまだ営業していない、通り道4〜5店有ったがまだのようだ。ようやく勝山市街の入口で開店しているスタンドを見つけた。ところが大蔵大臣のカミさんは財布を忘れている。銀行のサーバーもまだ開いていな。
僕の財布には¥2580だけ、¥2000分の19L入れる。残り¥580では栃餅も温泉にも浸かれない。

広い大嵐山キャンプ場は先客無し、峠を越すと残雪が有り、昨日までの連休の後だけに残雪のルートは黒くなっている
沢の音がすると群生地だ、花のピークは済んだようだがまだまだ見られる。それでも此処は3度目、今日が一番良い。誰も居ない群生地で新しいデジカメをいろんな事試してみるがどうも上手くいかない。

峠に戻りブナの森を見て展望コースを行く豪雪の性かブナの奇形が多く、ミツバツツジ、ムシカリ、イワウチワなど見られる。朝陽に照らされてとっても良い雰囲気のブナの森だった。
駐車場に戻るとマイクロバスの団体さん、自家用車が20数台、これから登る準備をしている。

2番目の市ノ瀬白山展望台に向かう。別山と同じ登山口だ、左別山、右展望台。最初から急登だ、空身に近い状態だが石を敷き詰めた登山道の辛い登りが続く。沢を3本渉と緩やかな道になった。永井旅館口の分岐を過ぎると展望台が見えて来た。環境庁の建てた立派な展望台だ。青空にクッキリ、雪を残した御前峰、大汝峰、七倉山、釈迦岳、手前の六万山が一望出来る。
日陰を作ってくれる屋根付きがありがたい。風は緩やかに火照った体に優しく撫でてくれる。何時までも此処に居たい気持ちにさせてくれる処だ。

永井旅館口から降りる、小さな沢に出会すと30数株の小さな水芭蕉群生地、大形の花を付けていた。見る人の少ない群生地だろう。

3番目の根倉谷、盛りは過ぎたようだ。東屋で気持ちよさそうに昼寝の女性の脇で、そーっと花を眺めながら昼食にしたのでした。

アルバム
大嵐山市ノ瀬白山展望台根倉谷