戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2007年4月18日

鞍掛山
(くらかけやま)

477.7m

動橋



12.5℃  5.9℃
(-6.1  -2.3)

静御前さん

福井市自宅出発730====山竹田====山中温泉====四十九院トンネル====石川県加賀市山中町荒谷・鶴ヶ滝登山口
(標高90m)825〜835----鶴ヶ滝845----林道歩き----登山口855----支尾根925----塔尾分岐935----
主稜線950〜1000----後山(460m)1010----獅子岩----後山1030----避難小屋1035----鞍掛山1040〜1155
----鶴ヶ滝登山口1225
                            ◆鶴ヶ滝コース往復 休憩時間含む ■出会った登山者 6人
2005年6月22日の鞍掛山



立山黒部アルペンルートは17日全線開通で今日は立山へバックカントリーの予定だった。
ところが月曜日から異常な寒さ、福井市の最高気温、月曜日11.9度、火曜日14.7度と平年より6度から4度も低い。
3千メートル級の山は相当な積雪だろう〜バージンスノーも喰ってみたいが何せラッセルする体力がないし表層雪崩が恐い、諦めるしかない。(後で分かるのだが雷鳥沢で雪崩三人死傷のニュース)

と云うことでボーダー静御前さんと一緒に、静御前さん今年初めての登山。近場で雪の無い鞍掛山へ。
春の日射しは無くどんよりした曇り空。重ね着して寒さ対策。先ず鶴ヶ滝を見て林道に上がる。沢筋にはツバキの花盛り。
コブシに林床にはスミレ。ツバキの赤、コブシの白、山肌を賑やかにしている。

崖の獅子岩からの展望は良い、一昨年6月に登った時は遠望は無かった。真っ白い白山連山、大日山、青空に白い山映えるのだが曇り空では今一。目の前に蟹ノ目山、火燈山、でっかく見える富士写ヶ岳。

山頂には3人の先客、昼飯を終えたところだった。山頂の西側にはコブシがいっぱい咲き乱れている。そのコブシ越に日本海、柴山潟、田は水が満たされて光っている。もう〜田植えの時期を迎える日になっているのだ。

山頂は無風、薄日もあって寒さを感じない、僕達も昼食にするのです。静御前さんの弁当、僕はレーズンロールパン2個。
リタイヤした二人が登って来る、立派な一眼レフのデジカメにマクロレンズを付けている、総額20万越すデジカメのこと。
入れ替わり僕達は登って来た道を戻るのです。
今年初登山の静御前さん、8回のスノーボードにテニスとあって絶好調の様子だった。

■見かけた花
ツバキ・コブシ・ウラジロヨウラク・ミツバツツジ・キブシ・スミレ・ヤマルリソウ・カタバミ



鶴ヶ滝

獅子岩

後山から山頂へ

白山連山

大日山

火燈山 富士写ヶ岳

片山津温泉と柴山潟

鞍掛山頂

タチツボスミレ

マキノスミレ

ウラジョロヨウラク

ツバキ