福井市から日帰りの山    雪とあそぶ  登山道で見つけた花と樹木 
県外の山    身の上話し  TOPに戻る


雪とあそぶ 

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
( )は平年値+-

同行者

2002 2/20

金毘羅山
こんぴらさん

624.6m

越前蒲生

晴れ

9.6℃  0.7℃
(+2.3  +0.5)

静御前

行程
福井市出発800======福井市国山町 愛染寺(標高220m)845〜910------夏道登山口920---
山頂まで1.2kmの標注950------フリートレック&カンジキ取付1010〜1025----稜線1035----金毘羅山山頂1115〜1300----愛染寺1410
                           ●ほぼ夏道往復 休憩時間含む  出会った登山者0人

静御前さん 初体験の雪山ハイクへ案内。先日 アルミ製のカンジキを購入し防水の革靴とスパッツ着けて愛染寺からスタート。昨日の新雪20cm 2人共ツボ足で歩き始める 手入れの行き届いた杉林の中快適に進む。

1時間歩くと30cmの積雪 歩きにくくなってきた。ここでカンジキを着け 僕はフリートレックを履く。静御前さん 最初は戸惑いながら30分歩て稜線を上がった頃には慣れてきた様子。山頂に近くなるほど緩やかなルート 風は無く陽射しがあり気分爽快だ。山頂の神社脇で日本海と山並みを眺めながらの昼食 積雪80cm。

昼食済ませば 楽しみな滑走だ。フリートレックの滑りに静御前さん唖然。カンジキで下るのが馬鹿馬鹿しくなってきたと見え 下り半ばで僕のフリートレックを履き愛染寺まで下ったのだ。

愛染寺の2階の窓から『ご苦労さん』と声がかかった。『山頂の神社はどうもなかったですか』と住職。3百年続いて28代目の住職だそうだ。以前は50戸あった国山町だが今は半減したそうな。現在の立派な杉林はタバコ・桑畑だったとか。初体験の雪山ハイクには適した山だった。

-

静御前さんの手記 『初めての雪山登山』〜
-

「山登りは春から秋まで・冬はゲレンデスキー」とずっと思っていました。それが昨年ぐらいからマスターから聞く話や、冬の山の雑誌などを見て雪山が気にかかり始めました。そしていよいよ初めての雪山登山となり、道具、ウエアなどマスターからのアドバイスを受け、さっそくカンジキを買いに行きました。ワクワクする反面、多少の不安もありましたが、その不安もすぐ吹き飛びました。

山の雪道は自由に好きな所を登ることができるのですね。初めは登山靴とスパッツで、雪が深くなってきたらカンジキを付けて登りました。ゲレンデスキーに行くと手足はとても冷えてくるのに
雪山登山は逆で手足がポカポカ暖かくなってきました。もちろん体はジワーっと汗ばむくらいです。当たり一面の真っ白な雪と青空とまぶしい太陽で、気分は最高です。

下りの途中からは、なんとマスターのフリートレックを装着してもらい、下まで初めての山スキーを体験をさせてもらいました。ゲレンデスキーとは又違うので、滑って降りたと言うよりは、ころがって降りたと言う方が正解かもしれません。もちろんキャーという叫び声とともに・・・。
そうやって私が夢中になっている間、マスターには後ろから歩いて降りてもらったと言うわけです。
私の大冒険の一日でした。

アルバム