福井市から日帰りの山    雪とあそぶ  登山道で見つけた花と樹木 
県外の山          身の上話し  TOPに戻る  


雪とあそぶ

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
( )は平年値+-

同行者

2001 4/4

加越国境 
谷峠より北西稜線

1011m

北谷

晴れ

12.2℃ 3.4℃
(-3.0 -1.9)

単独

行程
福井市出発705======福井県勝山市国道157号線 谷トンネル入口(標高700m)815〜845----谷峠手前送電線鉄塔加越国境稜線925〜940----1011mピーク1040----奥のピーク1055〜1140----広い尾根昼食1215〜1330----送電線鉄塔1350----谷トンネル入口1405       ●往復 休憩時間含む 出会った登山者0人

今朝6時起きて見ると晴れている 車で出発のころ雨が降っている 勝山市街ではミゾレ 暮見トンネル出ると雪だった 薄ら積もった道路に建設省の自動車が融雪剤を捲いて走っていった。 

谷トンネルに着いた頃雪は止んで陽が射し始めた パウダーとはいかないが軽い雪が5cm 締まった雪の上に積もってカンジキ、ツボ足やスキーの跡を消している 真白いキャンバスに絵筆を走らせるように僕のフリートレックの跡だけが残る 気持ち良いものだ。 

加越国境に上がると北東の風が強いヤッケを着ける 白山は頭を隠している ここから護摩堂山へは毎年1〜2回来ていた 今回は北西に延びている国境稜線を目指して新たにスキーで滑走出来る所を探すことにした 護摩堂山を背にしてアップダウン連続の稜線を行く 右に左に蛇行している 迷わないように左九頭竜川 右手取川と声を出して分水嶺を忠実に進む ブナとナラの森 痩せた尾根 広い尾根と変化に富んだコースだ 2〜3ヶ所立ち木の上部に色あせた赤いリボンが付けてある 今冬の物ではない 越前甲にでも行ったのか 積雪2mはある1011mのピークに達した頃空は晴れ上がり白山の雲は取れて全容を見せてくれた 

相変わらず北東の風が強い 風下の越前側が崖で昼食する場所が確保出来ないので戻って広い尾根で昼食とした 春の陽が燦々 お腹満たして昼寝でもしたくなるような気分 至福の時だ。シールを剥がし新雪10cmの滑走 やや緩んできたがいい滑りだ 送電線鉄塔から下は良い天気で雪は腐っていた。 

アルバム