戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2001
5/16

清水小場〜浄法寺山〜南丈競山北丈競山
龍ケ鼻ダム 縦走
じょうほうじさん--たけくらべやま

浄法寺山1052.8m
南丈競山
1045m

瀧谷
丸岡

曇後晴れ

24.5℃---18.3℃
(+2.2  +5.4)

静御前

行 程
福井市出発800====福井県丸岡町龍ケ鼻ダム835====福井県永平寺町浄法寺山青少年旅行村清水小場 (標高460m)930〜940----冠岳1055----浄法寺山1215〜1220---南丈競山1250〜1430---北丈競山1505〜1515---ピーク747m地点1535--大岩1615〜1630---龍ケ鼻ダム(標高200m)1745====清水小場1830         
                             ●縦走 途中休憩時間含む ●出会った登山者 0人

下山口の龍ケ鼻ダムに車を置いて清水小場から浄法寺山・丈競山へ縦走だ。曇りの空 清水小場から冠岳の入口に「クマに注意」の看板 いい気持ちはしない 今日も駐車場に車1台も無かったから我々だけだに不安だ。4年前の晩秋 つつじが原からの下り親子の熊と出会ったことがあった 桜の木に爪あとが無数にあった 小熊に木登りを伝授してたのだろか。腰に付けた熊鈴を手で振りながら行く。冠岳の急登は辛い 春の花は終わり初夏の花に代わる時だけに少ない 静御前さんはワラビを見つけるのが上手 先が長いのにピッチ上がらず いつものことか 冠岳に1時間15分掛かった。浄法寺山頂は南から北に向かってガスが吹き上げて行く ガスの中 丈競の小屋が見え隠れしている。丈競山に着いてもガスは晴れず 龍ケ鼻ダムからの登山者は居ない 二人だけで小屋を貸切って昼食だ。小屋は綺麗に掃除してあり気持ちいい 小屋のまわりもゴミひとつ無い。この頃どこの山に行ってもゴミは見かけ無くなってきた マナー向上ってことかな。昼食中ガスが切れて待望の陽が射し始めた 鳴谷山の奥に真っ白い白山も 蛇行する九頭龍川が陽を受けて輝いていた。縦に並んだ北丈競山・火燈山・富士写ケ岳のアングルはいいのだが僕の技量では写真にならない。展望を堪能したあと下りだ 幹の細い雑木林のなかに盛りを過ぎたシャクナゲが目立ちはじめる。北丈競山から龍ケ鼻ダムは緩やかな尾根稜線 新緑のブナ・ナラの森 西陽を受けての森林浴 ワラビを採りながら実に素晴らしい登山道だった。
アルバム ニガナ シャクナゲ ツクバネソウ ミツバツツジ 避難小屋 他