戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2004 11/10

芦生の森
生杉〜地蔵峠〜長治谷作業所跡〜
中山〜岩谷出合

中山 630m
岩谷出合 550m

古屋
久多


快晴

23.8℃  9.6℃
(+6.9  +1.9)



行 程
福井自宅出発545===今津700===滋賀県朽木村生杉登山口(標高560m)800〜810---地蔵峠840---長治谷作業所跡900〜910---中山925---スケン谷出合1000〜1010---岩谷出合1105〜1210---中山1320---長治谷作業所1340---地蔵峠1400〜1410---生杉登山口1435
                                 ◆往復 休憩時間含む ■出会った登山者 2人

芦生の森の紅葉を見たかった。今年の紅葉は何処も遅いようだ。
中山から岩谷出合まで由良川本流右岸に道が付いているとの事だ。今日は登山靴で歩こう。
中山から岩谷出合まで標高差約80m。1時間チョッとのアップダウンの道と聞いていたが、これが道は細く断崖絶壁を歩くのである。獣道よりましですが足を滑らせば20〜30mの谷に落ちるのです。2〜3カ所谷まで下る所がある。
黒部峡谷、日電水平歩道よりも気を張らなきゃならない、アップダウンの連続と結構厄介な道だった。

由良川本流の清流を見下ろしモミジの紅葉、葉を落としたブナとトチの巨木、見せてくれます。
今年は多くの台風で巨木、古木の倒木がみられる。山も世代交代の時期かも知れない。
道はしぜんと岩谷出合に導かれる、左岸に三国岳(959.0m)から発する岩谷が水量少なく本流に落としている。
谷が広まった岩谷出合はブナ、ミズナラ、トチノキ、モミジなどに囲まれている、昼食するには素敵な処だった。

地蔵峠で一服していると両手に買い物袋さげて来る人がいる。中を見せてもらうキノコだった。クリタケ、ムキダケ、シイタケ、ヌメリスギダケがドッサリ。今年の台風で倒木が多く2〜3年後が楽しみだと言っていた。

登山口に着くと驚いた、車14台、観光バス1台。朝は3台だった。
中山から岩谷出合では全く人の出会いは無かった。皆さんいろんなコースを散策しているのだろう。好天だし紅葉見頃だし今日もいろいろ見せてくれた芦生の森だった。



由良川本流

ブナとモミジ

清流

トチノキとモミジ

岩谷出合を後に

岩谷出合のトチノキの根張り

川面の落ち葉

トチノキと小さな流れ

由良川の清流

苔生したブナ

岩谷出合で昼食

長治谷作業所跡(キャンプ場) 9時頃