戻る

日付

山ボード
伊吹山
1377m

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

形態
フリートレック
山スキー

形態
ツボ足
ボード

2005 3/2

滋賀県米原市(旧・伊吹町)

曇・ガス

6.9℃  -1.2℃
(-1.6  -1.9)

ドッポさん
ひろろとろろさん
ヒロさん


先週、西山から下りて来週は何処にするか、伊吹山に挑戦したかった。雪解けが早い伊吹山、来週がリミットだろう。

自動車道、県境の刀根辺りは小雪がちらつく、滋賀県入っても曇天、目指す伊吹山はスキー場から上は厚い雲の中。
ゴンドラリフトで3合目に上がる、5合目から山頂はガスで見えない。スキー場はボーダーが2人。
4合目リフトに乗り、9時5分山スキー組はシール登行、僕はボードを担ぎツボ足、5合目までどうにか雪が付いている。

ガスは一向に晴れず、6合目の標柱は確認。益々ガスは濃くなるばかり視界20mまで落ちた。夏道はもちろんルートが完全に判らなくなってくる、ホワイトアウトだ。左よりに進む。ウインドクラストした斜面にキックステップ。
スキー組も登り辛くスキーをリュックに付けて行く。1時間登ると尾根に出た。何処の尾根か判断出来ない。
上へ上へと進む。傾斜は増し滑落に気を配り、斜面が緩やかになった所にガスの中、雪崩の柵が見えて来た。

山頂の主稜線に登った事が判った。山頂の北の稜線に上がったようだ。お花畑の柵が見えて来る。視界は10m、立ち止まってガスが薄くなるのを待ちながら進む、トイレの建ち物に続き避難小屋が見え11時20分山頂に立った。

しばらくすると「ふわくの会」の4名が夏道を通って登ってきた。4人は小屋で昼食。
僕達は記念写真撮ってさ〜滑りましょう。夏道は急斜面、登って来たルートを滑り降りる事にする。ガスの中、足跡を忠実拾いながら降る。ガスが切れた所から滑ろう〜、クラストした斜面に4〜5cmの新雪。転倒すれば200mの滑落だろう、ヘルメットを被り、安全のためストックを持つ。積雪は1尺足らず締まった雪は快適だ、7合目で夏道に到達、上を見ると10数名は下りてくるのが見える。5合目で1ヶ所雪の繋がりが無くボードを持つが3合目まで快適な滑り、うぅん〜満足満足。

3合目に着くとガスは取れ山頂が見えてくる。登り降ったルートを確認、夏道ルートから相当離れた左ルート。
結果的には僕達のレベルでは山スキー、山ボードには最適なルートだと降りてきてから判った。

予想通り来週はスキー場の雪は無くなるだろう、緊張感有り、ルート、締まった雪質、3合目まで滑れて満足の山ボードだった。


日本スノーボード協会オフィシャルサイト
スノーボード講座

3合目から山頂 5合目以上はガスの中

下山後晴れ渡りルート確認   赤線=登り 青線=下り

5合目付近

6合目

ガスの山頂

山頂

ウインドクラストした斜面 ストックを使用(写真提供・ひろろとろろさん)

ひろろとろろさん

5合目付近からガスのかかる山頂

ボード背負って(写真提供・ひろろとろろさん)

ウインドクラストした斜面の登り(写真提供・ひろろとろろさん)