.戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2006年10月4日

火打山
ひうちさん

2462.0m

湯川内
妙高山


快晴後曇

25.5℃ 15.7℃
(+2.1  +1.1)

単独

福井市自宅出発2300===新潟県妙高市笹ヶ峰登山口(標高1310m)230〜520---黒沢610---十二曲(標高1790m)645---
富士見平(標高2060m)735---高谷池(こうやいけ・標高2110m)820〜840---天狗の庭(標高2140m)900---雷鳥平930---
火打山1005〜1050---高谷池1200---富士見岩1240---一十二曲1320---黒沢1350---登山口1445
                                   ◆写真撮りながら ■出会った登山者 50名位



丁度10年前の8月、家族で登った火打山。高谷池の小屋番から是非素晴らしい紅葉も見に来て下さいと言われていた。その時はゆっくり出かけ燕温泉で一泊、明くる日妙高山に登って高谷ヒュッテで2泊目。2泊3日の行程でした。8月下旬、好天に恵まれ雪渓脇には高山植物がいっぱい花をつけていました。素晴らしいロケーションにまた何時の日か訪ねてみたい火打山だった。

上信越自動車道も上越から妙高まで繋がって行きやすくなっている。高谷池辺りは紅葉見頃の情報に、好天が期待出来る日に出かけようと思ったいました。秋雨前線は東海沖で北上しつつある、せめて昼まで持って欲しいものだ。

十三夜の月は常に右後方で北に向かう自動車を追いかけているように見えています。出発から3時間20分ようやく登山口の笹ヶ峰に到着9台の車がある。十三夜の月は姿隠し(月の入り3時10分)満天の星座が降らんばかりに輝いている。好天期待できそう〜ウキウキしながら寝袋に入るのです。 

5時、熊鈴の音で目が醒める。暗いうちに出発する人。車は朝露に濡れている、ここは人気のコース、登山道は刈り込まれているだろう〜スパッツ付けることも無い。足下が見える頃、僕も登山届けを出して歩きだした。
薄暗い登山道脇は真っ白い木肌のシラカバの森、シラカバが過ぎれば若いブナの森、歩くほどにブナは古木、巨木に変わってくる。
YUKOさんのおっしゃる通り見応えあるブナの森だ。林床にはここも今年芽生えたブナの幼木がいたる所に生えていた。
この辺りのブナは僅かに黄葉になろうかとしている程度、まだ緑色。

黒沢の橋を渡り、十二曲の登りから北アルプス白馬岳の連山が朝日を受けてブナの樹間から望める。十二曲を登り切ると尾根に出て雨飾山金山の山塊が見えだす。
ブナの森からオオシラビソの森に変わる。ようやく朝日が射し込み明るい森の中の登りになる。アナカマドが真っ赤に色付きオオシラビソの緑コントラストは素晴らしい。

展望のない富士見平を過ぎると黒沢岳を巻くように登山道は緩やかになり今日初めて登山者との出会う。「今朝は昨日より素晴らしい天気で最高ですよ」と大きな三脚を持った人だった。突然、火打山、焼山が目に飛び込んでくる。色づいた山肌は派手やかに衣装を纏っている。年に一度の華やいだ時だ。

もう〜花は少なくリンドウ、ヤマハハコ、ノコンギクが咲いている程度。見覚えの三角屋根の高谷池ヒュッテは目前。
ヒュッテを回り込むと高谷池、草紅葉にナナカマド、モミジの赤にササ、オオシラビソのアクセント見事な景観です。
そこにはテント泊まりの国○アウトドアー専○学校の学生男女10数名、朝食の後片づけをしている。水豊富でキャンプは素敵だろうなぁ〜

ゆっくりは出来ない、ガスが登って来ている。もう一つの見せ場「天狗の庭」へ急ごう〜。イワイチョウは黄葉になって地表を明るくしている。高谷池より大きな天狗の庭、素晴らしいの一語。

天狗の庭を後にした頃、山頂はガスに覆われきた。登りに差し掛かると単独のお嬢さん、熟年団体11名が降りてくる。皆さん満足げの様子。山頂は不思議なことに単独の男性ばかり5名、ガスの晴れるのを待っていた。北の日本海は手に取るように見えて隣の焼山、振り返って妙高山も全く望めない。専門学校の学生が上がって来て賑やかになってきた。

山頂で初めて腰を下ろしパンの昼食だ。写真撮る以外は脚を止めなかった、ほぼ休憩無しで登って来た。1年前より随分身軽になってきているようだ。
展望無く皆さんいそいそと下山し始める。ガスの掛かる天狗の庭を見下ろす風景も素敵だった。
念願の素晴らしい紅葉の火打山、遠出した甲斐あります。今度はボード担いで滑ってみたいものだ。更に体力付けなくちゃなりませんが!



十二曲の登りから 北ア 白馬岳連山

十二曲から 雨飾山 金山

黒沢岳巻き道から焼山 火打山
黒沢岳巻き道から火打山

高谷池

高谷池と火打山

天狗の庭と火打山

バックは日本海

火打山の下りから天狗の庭

オオシラビソとナナカマド

ブナの森

ミズナラ

シラカバ