戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2001 4/25

日野山
ひのさん

794.5m

武生

曇のち晴

15.2℃---10.8℃
(-4.8  +1.1)

単独

行 程
福井市出発900====福井県武生市萱谷登山口(標高80m)945〜1000----初めての展望1040〜1045----2番目の展望1110〜1120-----宮谷コース分岐(450m)1125----ピーク589m1145----荒谷コース分岐1210----日野山山頂1230〜1350----荒谷コース分岐1410----宮谷コース分岐1445〜1450----谷川に降りる1530----宮谷コース登山口1550====林道・車道歩き====萱谷登山口1645
            ●萱谷---日野山---宮谷===萱谷 周回コース 途中休憩時間含む 出会った登山者 2人

福井から見ると東に緩やかに稜線が延びている ズーット前から気になっていた。今朝の雨は8時に止んだ。
武生市萱谷の登山口の寺の横に「中部北陸自然歩道」の案内板・駐車場・トイレが完備してあった。山頂はガスがかかったままである 行きなり尾根に上がる稲妻形の急登が続く 雑木林の中でミツバツツジの赤紫が一番目に付く 最初の展望きく所からは数時間前まで雨だったので遠くは見えない どうにか味真野がぼやけて見えた。今日は一人なので気ままに花を撮りながら稜線尾根をのんびり歩く 荒谷分岐からは岩肌にロープが下がっている20分ほど我慢して山頂についた。山頂には青年2人昼食中であった 福祉関係の人達で日曜勤務もあることで平日休みがあるとの事だった。
昼食終わった頃 薄日がもれてきた 近くの山々がぼんやり見えるほどに 雨露で濡れたズボンが乾いた頃 山頂を後にした。宮谷分岐からはいっきに谷へ下るジグザグの道 足を滑べらせ上向きに5mずり落ちた リックがクッションになって難をまぬがれた。家に帰ってみたらコッフェルが歪んでいた。谷に降りれば春の花がいっぱい咲いている 特にヤマブキソウ イチリンソウの花が大形で目立つ。降りた宮谷登山口からは林道・車道の歩きだ 背に西陽を受け集落の庭の花を見ながら今日も無事下山できたなぁーと・・・。
アルバム ミツバツツジ ウスギヨウラク ヤマブキ イチリンソウ 他