戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日大津市
12時の気温

同行者

2008年5月14日


比叡山
(大比叡峯)

848.3m

京都東北部


晴時々曇

19.1度

YUKOさん

福井市自宅出発650===滋賀県大津市坂本比叡山高校横登山口915〜925---五大堂940---送電線鉄塔955---
根本中堂1055〜1130---比叡山山頂1205〜1315---延暦寺駅1400---蟻の滝コース----登山口1520
                                               ■周回 ■出会った登山者 0人



6時大野を出たYUKOさんは雨の中だとか、昨日午後からの雨は西の方から上がり始めている。若狭、京都北山、比良山系、鈴鹿の地図を持って北陸自動車道に入る。
YUKOさんは早速、携帯で雨雲レーダーをチェックしている。まだ鈴鹿には雨雲、琵琶湖西岸は雨雲から抜けているようだ。
敦賀からR161へ今津辺りの山はガスの中、京都北山はパス。更にR161を南下しても比良山周辺もガスで山頂望めず。
ようやく雄琴辺りで日射し。以前から気になっていた比叡山に決定。

比叡山高校前の寺院の駐車場に停めて頂く。高校の川沿いに本坂コースの案内掲示がありホッとします。ケーブルやドライブウエイでも簡単に行ける比叡山、登山コースが有るのが嬉しくなります。比叡山鉄道ケーブル敷設は大正時代。ケーブル出来る前は本坂を登って比叡の延暦寺詣でしたのだろう。この先どのような古道なのか楽しみです。

五大堂へはツツジの花が咲き立派な石段、此処を越すと土道に変わって古道の雰囲気になってきます。 谷川沿いには朽ちかけたコンクリートの支柱、道幅は広く多くの人達が往来したのでしょう。亀塔、法然上人得度霊場まで静かな道。延暦寺会館からは拝観者がボチボチ観光地だな〜と実感します。今日で3度目の拝観、一番少ないように思います。

天台宗延暦寺と言えば世界文化遺産、国宝根本中堂、木材を贅沢に使った総本堂。何時来ても豪華さに圧倒されます。信長の焼き討ち後三代将軍家光の再興。贅を尽くした建造物は権力の象徴なのでしょうね。前仏を前にした御本尊秘仏薬師如来は「今年50才になるが今まで2度ご開帳の経験だけです」と僧侶が言っている。
内陣の不滅の法灯は1200年間明かりを灯し続けている、焼き討ち後の法灯は出羽の国、立石寺から分灯の事。

周りには多くの寺院が有りますが今日は根本中堂だけにして山頂を目指します。若い杉林を通り各局のテレビ無線中継所そして防火水槽にと隣り合わせに一等三角点の山頂です。若い杉林に囲まれて展望はない。誰もいない山頂で昼食。暑くもなく寒くもなく穏やかな日になりました。

帰りは登って来た道から智證大師廟の方に下るとドライブウエイに出会し、まだ拝観料を納めていないのに気づき案内所へ。
ケーブル延暦寺駅からケーブル沿いの「蟻の滝コース」へ下ります。この道も「紀貫之の墓」の分岐などと掲示してありヤセ尾根の古道なのでしょう。辺りはカラマツの植林地もう夕刻の時のように薄暗い。開けると高校の野球場に出て下校の生徒達が多くいます。
還暦過ぎたおっさんの古道、寺院巡りに付き合っていただきありがとう〜YUKOさん。



比叡山鉄道 ケーブル

根本中堂

848.3m

山頂

琵琶湖

比叡山鉄道ケーブル 延暦寺駅

蟻の滝コース下る