戻る

巨樹巡り
2005年10月5日

横根(よこね)の大杉
福井県越前市横根(旧・武生市 今年10月より越前市)(標高80m) 地図

霊松山 横根寺(おおごんじ)
現在は無住で鯖江市長泉寺町の「すりばちやいと」で
有名な中道院の管理下になっている

横根(よこね)の大杉
幹回り  5.8m
樹高  約40m
樹齢 約300年

武生市街から西へ横根集落の横根寺を過ぎると大杉が2本。
左の大杉の枝は右の大杉に水平に伸びあたかも門の姿になっている。





大杉権現の由来
あらたかな観音水
養老元年(1717)泰澄大師が霊松山・横根寺を建立された折にお手植されたもので不思議の誓願が実ったかいつか鳥居姿の夫婦大杉となり当山の山門となっているこの根元からこんこんと湧き出る霊水は数百年後の今日に至るもかれることなくあらたかな観音水と呼ばれている。

〜案内板より〜





観音水をペットボトルに入れている
屋久島の縄文杉、石徹白の大杉、岩屋の子持ち杉もご存知のお方でした

横根大杉から林道を1.7km 観音像在り(標高250m)地図
越前富士(日野山)

平成2年と3年 二度観世音堂災禍で焼失
平成14年 観音像完成



越前市指定天然記念物
コブシ
樹種 キタコブシ
平成元年11月1日指定
越前市教育委員会
〜案内板より〜