戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2007年6月20日

越前禅定道
市ノ瀬〜六万山〜慶松平〜殿ヶ池小屋〜室堂〜甚ノ助小屋〜別当出合

室堂
2448m

白山


曇のち晴

弥陀ヶ原
上部はガス

31.0℃  20.4℃
(+5.0  +2.0)

単独

福井市自宅出発330===石川県白山市市ノ瀬(標高850m)435〜450---六万山(1260m)540---指尾山(1418m)620〜625---
剃刀窟650---慶松平(1666m)745---別当出合分岐805〜815---仙人窟845---殿ヶ池避難小屋935〜945---馬のたて髪1010---
黒ボコ岩1040---室堂(2448m)1110〜1155---黒ボコ岩1210---甚之助避難小屋1255---中飯場1355---別当出合1430---
市ノ瀬1535
                                    ■周回 黒ボコ岩〜室堂往復 ■出会った登山者 9人



一昨年秋、初めて歩いた市ノ瀬から六万山、指尾山、慶松平の越前禅定道は随所に古の面影が残る古道だ。僕好みの登山道です。
前日の予報は雨から曇に変わった。展望は期待出来ないかも降らなければ今の時期良しとしよう。
おそらく本峰はガスの中だろう〜せめて市ノ瀬から室堂まで9kmを歩きたい。

人ごとのように思えた還暦が昨年10月迎えた。うぅ〜ん還暦か!多くの人達はリタイアーするのだろう〜が僕はまだまだ働き続けなければならない。しかし仕事を続けられる事が喜ばしいと思えるようにもなる。
「還暦」と言う言葉は心にも体力にも重くのし掛かる。「還暦」を異常に意識してしまう。頭の中と心は未だかって青春だと思い続けている。いろんな事に興味を示したいしトライしたい。
心、気持ち良しとして、先の長い人生楽しむにはまず健康だ。メタポリック症候群の僕は昨年春から減量にトライ。体質だろう風邪の高熱でも食欲がある、医者に言わせると胃腸が丈夫の事らしい。つい過食になってしまいます。食べ物に不自由しない飽食の時代、今までゲップがでるほど喰ってきたのではないか、食の楽しみは大事なことだが10個有ったら5個にそして3個にと減らしていこう。
頭の中は食欲より世の中に楽しいの事が在るではないか〜と意識改革でした。
半年で5kg減、今では10kg減で安定しています。もう〜3kg減らしたいのだが。
減量に成功したが雪山での体力の無さに痛感した、3月から始めたウオーキングそしてランニングが体力増強になりつつ在る。

こんな事で往復18kmにトライしたくなります。間近の夏至、4時には薄明かり5時前出発でカメラにはハッキリ写る。
石畳のブナの森を抜け六万山の尾根に上がるとオオカメノキ、マイズルソウとイワカガミ、アカモノが登山道を華やかにしてくれる。巨岩の間を通り、ヒノキの巨樹にブナの森。指尾山で展望が開け間近に白山釈迦岳が大きく見え、本峰と別山はガスの中。この先慶松平まで岩稜混じりのヤセ尾根。尾根に咲くミツバツツジ、ムラサキヤシオツツジが咲き、草臥れたホンシャクナゲが一輪。泰澄が剃刀を当てたといわれる剃刀窟。
慶松平に近づくとツバメオモトが出迎えてくれる。この頃より思っていなかった夏の日射しが照りつけブナの森を明るくし気分は最高。
ダケカンバとブナの巨樹、このブナの木肌は白、ダケカンバと見間違えるほどの色白です。

別当出合の分岐からの展望は依然、弥陀ヶ原から上部は雲の中。しかし越前の山々は綺麗に見え福井市街まで見通します。
ここまでほぼ3時間、快調です。
ハクサンチドリが三輪咲きツマトリソウ、ミヤマキンポウゲ、シナノキンバイ、オオバキスミレ、クモマニガナ、ミツババイカオウレン、
ゴゼンタチバナ、オオヒョウタンボク、ノウゴイチゴ、湿地にキヌガサソウ、サンカヨウ、ショウジョウバカマ。
殿ヶ池小屋近くにはミネザクラ。そろそろ花の時期を迎えている。

残雪を踏み殿ヶ池避難小屋へ、馬のたて髪の方も青空に先を急ごう。馬のたて髪から黒ボコ岩へは雪渓を2ヶ所渡る、数日前のステップ跡を柔らかい雪にステップを切り慎重に登る、滑れば谷底に落ちるだろう。

黒ボコ岩から弥陀ヶ原にも人影はなく閑散と、ガスが通り残雪のルートは赤布のポールが立ち導いてくれる。
6時間20分ようやく室堂着。初めて登山者と出会う。御前峰はガスで見え隠れ登っても展望はないだろうと今日は此処まで、体力、気力とも十分だが。
バケットを囓り簡単な昼食、ガスは晴れそうもなく早めに降りましょう。黒ボコ岩から下は晴れ渡り日射しは暑く照りつける。赤布のポールに導かれ雪渓を渡り、甚之助避難小屋へ今日泊まりの6名の登山者、単独のお嬢さん、若者2名とすれ違う。

砂防新道の花は越前禅定道よりも少ない。別当出合から車道を1時間余り、夏の日射しは照りつけ苦行の歩きになった。
大げさに云えば肉体改造、歩き通したし自信、満足の越前禅定道でした。



登山口

白山釈迦岳

剃刀窟

剃刀窟内の碑

慶松平

慶松平から白山釈迦岳

慶松平のブナ

慶松平のブナの森

別山

別当出合分岐

慶松平  奥に赤兎山・経ヶ岳・大長山

白山釈迦岳

仙人窟

殿ヶ池小屋方面

殿ヶ池避難小屋

弥陀ヶ原

弥陀ヶ原

室堂

白山神社 御前峰