戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2005 10/19

御在所岳〜鎌ヶ岳
(ございしょだけ〜かまがだけ)

1211.98m
1161m

御在所山


快晴

21.0℃  15.2℃
(-0.2   +3.9)

燈の宗さん
伏見博さん

行 程
福井市自宅出発530===北陸自動車道===関ヶ原IC645===三重県菰野(こもの)町 国道477号道の駅・菰野745===
御在所ロープウエイ駅(標高390m)810〜905++++ロープウエイ山上公園駅(標高1190m)915---
三角点山頂(標高1211.98m)----最高地点(標高1212m)望湖台----長者池----御嶽大権現1025----
武平峠(標高877m)1115〜1135----鎌ヶ岳1230〜1355----三ツ口谷に入る1435----表参道分岐1530---
ロープウエイ駅1620
                ■国土地理院2.5万図では御在所山 ◆周回 休憩時間含む ■出会った登山者 30人位



伏見博さんと2年半ぶりの登山。高知県から鈴鹿の山並みが望める所に転勤になった。落ち合い場所、国道477号、道の駅「菰野」で8時前同時に到着。車好きの彼はPORSHE911で颯爽と〜。
登山は2年半のブランクのようでロープウエイで御在所岳に上がって鎌ヶ岳を回ることに決める。

ロープウエイ始発は9時、朝飯を取って時間を潰す。片道1200円、12分の空中散歩。花崗岩の白い奇岩にまだ紅葉のない木々は青々としている。
山上公園をぶらぶら、三角点山頂、山口誓子の句碑、琵琶湖が望める望湖台、長者池、御嶽大権現(木曽の御嶽の祭神を分霊)
を回る、やや冷たい北風が吹くが快晴のもと散策。燈の宗さんの有り難い説法も饒舌になってくる。

鎌ヶ岳へ向かう武平峠へ花崗岩の急な下り、武平峠の駐車場が見える頃、登山者が沢山登って来る、10数名の団体さんも。
武平峠でゆっくり休憩して、鎌ヶ岳へ今日初めての登りになる。峠の下は鈴鹿スカイラインのトンネル、数年前無料になったよようだ。標高差300mに足らないが鈴鹿の槍と言われているように急で岩には鎖、ロープ。すがって登る。

快晴の鎌ヶ岳山頂からの展望は素晴らしい。さっきまでいた御在所岳が台形に立ちはだかり、伊勢湾の対岸まで見える。
眼下に雲母(きらら)峰、南には仙ヶ岳、入道ヶ岳など鈴鹿の山並みが望めた。初めての鎌ヶ岳、山名が分かる訳がない、山頂にいた地元のおじさんに教えて頂いたのである。
丁度昼飯時、北風は収まり太陽は燦々と輝き暖かい、僕たちの他5名が弁当を広げている。先日登った人は狭い山頂は人で溢れていて飯どころでなかったと言っている。平日登山はありがたい。
アルコールに定番の鍋をつつき、食料は豊富。お腹満たされば一寝入りしたいところだが、秋の日は短い。

さて〜どのコースで下りましょう。長石尾根より、先ほどのおじさんは三ツ口谷を勧められた。このコースにも奇岩が現れ足場の悪い下りになる、ブナの森に入って三ツ口谷に下る。谷を左岸に右岸にと渉り、滝の所は高巻きの道が付いている。
久しぶりに伏見博さん膝にきているようで休憩を取りながらゆっくりと下る。表参道の分岐の沢にはアマゴが泳ぎ手の加えた公園になっている。鈴鹿スカイライン沿いの山道を下って湯ノ山温泉街を通ってロープウエイ駅に着く。

昨年の霊仙山、今年になって藤原岳、御池岳、鈴鹿の山は今日で4度目、全て快晴に恵まれた山行になった、ありがたい。
次は釈迦ヶ岳か雨乞岳かな〜。



PORSHE 911 3.6 CARRERA
隣の車が小さく見えま〜す♪

御在所ロープウエイ ゴンドラから


御在所岳から鎌ヶ岳

『雪嶺の 大三角を 鎌と呼ぶ』
山口誓子句碑

御在所岳から武平峠へ

右奥 鎌ヶ岳山頂

鎌ヶ岳山頂記念写真

鎌ヶ岳山頂から南方面 

鎌ヶ岳山頂から雨乞岳

鎌ヶ岳山頂から雲母(きらら)峰 四日市コンビナート

三ツ口谷へ

三ツ口谷の滝