雪とあそぶ

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

形態

同行者

2003 3/12

護摩堂山
ごまんどうやま

1152.4m

北谷

曇時々晴

7.0℃  0.3℃
(-3.3   -1.4)

山スキー
(フリートレック)

単独

行 程
福井市出発715====福井県勝山市北谷 国道157号線「おいの水谷出合」825〜840-----P941m1015-----
谷峠からの林道出合1010m1030----P941m1040〜1050-----おいの水谷出合1120
                                    ●ほぼ往復 ●出会った登山者 1人

先週に続いて寒波の後の好天だ。高い山は相当の積雪だろう、ラッセルする体力はもう無い手頃な護摩堂山とする。
おいの水谷出合で新雪50〜60cmファッとした軽い雪だ。兼用靴1ヶ分沈む程度だ。昨年のコースより胡麻堂谷よりのコースを行く杉の植林地ではなく雑木の森で明るく野鳥のさえずりも聞ける。空は時々晴れてしかもトレースの無い所を進むのは気持ちいい。
ナラの森のP941mから杉の植林地は積雪も多くなり膝下のラッセルとなり汗が吹き出る、辛いラッセルだ。こんなラッセルはもう僕の領域では無い1010mの谷峠からの林道出合であっさり下山とした。

P941mに戻り滑降の為ワックス塗りしているとチリンチリンと澄んだ熊鈴の音がする多分南部鉄で出来た熊鈴だろう
「トレースを使わしてもらいました」と単独の還暦をとっくに過ぎたおばさんでした。「雪のこのコースは何度も登っています好きなコースです、もう降りるのですか、寂しいから一緒に登りましょう〜よ」と。僕は「辛くて止めます」と云うとおばさんは足取りも軽やかにスノーシュで登って行った。

新雪は素晴らしい下に行くほどやや重くなってきたが日陰では良く走る。今日で5週連続の山スキーだ、この時期5週続けて山スキーが出来るなんて今まで無かった天気に感謝感謝だ。こう続くと幾分疲れ気味なのです。でも来週も・・・。

P941m

取立山