福井市から日帰りの山    雪とあそぶ  登山道で見つけた花と樹木 
県外の山    身の上話し  TOPに戻る


雪とあそぶ 

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
( )は平年値+-

同行者

2002 2/27

護摩堂山
ごまんどうやま

1152.4m

北谷

13.1℃  2.9℃
(+5.1  +2.4)

単独

行程
福井市出発750======福井県勝山市北谷町 国道157号線「おいの水谷」出合(標高680m)850〜910------林道終点1010〜1020----941mピーク1030----谷峠からの林道出合1045----護摩堂山頂1130〜1145------
941mピーク(昼食)1200〜1300----おいの水谷出合1330
                                ●往復 休憩時間含む  出会った登山者0人

国道157号線から護摩堂山へ最短の「おいの水谷」と「護摩堂谷」の間の尾根を登ることにする。
国道脇(積雪1.5m)に駐車して 時たま薄日がある中 シールを利かせて登り始めると先の週末の滑降の跡がある スキーの跡を見ると上手な方で多分一人であろう スキーの跡をだどって行くと林道が通っているのではないか 僕の手持ちの平成3年の国土地理院2.5万図には記載されていないのである。手入れの行き届いた杉林の中の林道を1時間登って終点だった。

941mのピークにナラの林が若干有るだけで登り口から山頂近くまでずっと杉林である。谷峠から稜線直下に延びている林道を横断する 林道にはカンジキとスキーの跡が無数にあった 先の週末は好天で賑やかであったのかなぁ。若い杉の急斜面をあえぎながら一踏ん張りすると広々とした山頂台地に立つ 東からの風がやや強く寒さを感じる 白山は厚い雲に隠れていた。

東の方から黒い雲が小雪を降らせながらどんどん来始めた 立木の少ない山頂台地でガスにまかれば危険だ 取り急ぎシールを剥がして杉林まで滑降する。雪は腐り始めてやや重いが15分で941mのピークにたどり着く ここまで来れば安心だ ナラの林で昼食。相当気温が上がったのであろうか腐った雪は滑りが悪かった。一ヶ月早い3月末の頃の雰囲気だった。

アルバム