戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2000 11/29

護摩堂山
ごまんどさん

1152.4m

北谷

快晴

12.7℃---0.3℃
(+0.4 -3.8)

単独

行 程
福井市出発745====福井県勝山市 国道157号線 谷トンネル登山口850〜900----谷峠940----祠1025〜1050-----加越国境稜線1055----護摩堂山1105〜1225-----祠1240----谷峠1310----登山口1350
                              ●往復 途中休憩時間含む 出会った登山者 0人

15時までに自宅に戻なければならない雑用ができて はて何処の山にしようか雲一つない上天気 近くて白山が間近に見える護摩堂山にする 谷トンネル手前に駐車して林道を歩く今朝相当冷え込んだのだろう10cmの霜柱が出来ていた
谷峠の夫婦大杉の片方が落雷で焼けて根本が空洞になっている 1974年に見た時と全く同じ状態だった その頃の取立山登山は五所ヶ原から谷峠に登り加越国境の稜線を4時間かけて行ったのである さて稜線の登山道を探すと大杉から1〜2分上がった所に朽ちかけた標柱があった『ごまんど山1.5km 45分』と 林道から踏み入れるとかすかな踏み跡あるのだがブッシュでとても歩けない5分ばかり進んだが直ぐ引き返した 葉を落としたこの時期でこうなんだから廃道になったようだ  また林道歩きだ 林道は南斜面に付けられて全身初冬の陽を浴びて暖かい 林道の窪みに氷が張っていて童心のようにステッキで突くとバッリと音がする静寂のなか心地いいのだ コンクリートで出来た祠に着いった 鉄格子の中に仏像が安置してある 稜線に上がる道を探すと祠右手にあった 5分で稜線にでると『ごまんど山⇔護摩堂峠』の標識 10分で反射板のある護摩堂山にようやくたどり着いた 初めて雪で被った白山の連山が見えた いつもより雪が少ないようだ。   

アルバム