戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2005 7/13


柳ヶ瀬山
(玄蕃尾城趾)
(やながせやま・げんばおじょうし)

山上の昼食会

439.2m

中河内


曇一時晴

27.8℃  19.3℃
(-1.0  -2.2)

おがわさん
ドッポさん
ひろろとろろさん
Yちゃん
京の宮さん

行 程
福井市自宅出発840====JR南条駅935====木の芽トンネル====獺河内====池河内====杉箸====刀根====
敦賀市刀根・柳ヶ瀬山(玄蕃尾城趾)登山口1035〜1040----久々坂峠(刀根越え)1050----柳ヶ瀬山・三角点1055----
玄蕃尾城趾1100〜1450----登山口1505
                                 ◆往復 休憩時間含む ■出会った登山者 0人



集合場所JR南条駅に向かうと日野山はガスで山頂を隠している。梅雨空から雨がポツンポツン落ちてきた。
既に皆さん集まっていた。おがわさん、ドッポさんに伺うとたいした事はないだろうと柳ヶ瀬山に決定。雨天の時は杣山の休憩所か魚見峠のログハウスを予定に入れていた。

木の芽トンネルを潜り獺河内(うそこうち)を過ぎた所、バス停の池河内口から池河内湿原に向かう。この湿原は敦賀市内を流れる笙の川の源流、敦賀在住の頃、渓流に竿を出した懐かしい谷川。

登山口から10分も歩くと福井、滋賀県境の久々坂峠、つづら折りの道を登ると登山道の右に笹に覆われた柳ヶ瀬山の三角点439.2mを確認。やや下りになって玄蕃尾城趾に到着。昨年の12月の様に下草は綺麗に刈ってあり気持ちの良い城趾広場になっている。ぐるっと一回りして本丸跡地に陣取って昼食会の始まり。山のエピソード、此処でしか話せない事など話は尽きない、皆さんそれぞれ登山形態、目的など違っていても山登りには変わりない。

梅雨空から思ってもいなかった日射しも有って昼食会は続く。年に一度の山上の昼食会、恒例に成りつつある山上の昼食会である。皆さんありがとうございました。

帰り池河内に寄る。池河内湿原の公衆トイレを掃除している老婆は「今は何〜んにも無いよ」と云われる。出鼻を挫かれる。
せっかくだから湿原を見物、木道を奥に進むがホント何〜んにも無い。湿原入口付近だけ清流にコウホネ(河骨・スイレン科)が咲きガマ、ヤブカンゾウ、ネムノキ。オオカメノキが真っ赤な実を付けていた。小学校分校は廃屋、今は老人ばかり4人が住んでいる事だった。



2004年12月1日の玄蕃尾城趾←城趾の事は


玄蕃尾城趾 本丸跡で
-
-



池河内湿原 敦賀市池河内 地図

笙の川源流 池河内湿原

コウホネ(河骨・スイレン科)

ヤブカンゾウ

ガマ