戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2001 5/9

銀杏峯
げなんぽ

1440.7m

宝慶寺

曇一時晴れ

22.7℃---17.1℃
(+0.8  +5.1)

山の守 燈の宗
御前橘

行 程
福井市出発730====福井県大野市宝慶寺いこいの森830〜840===登山口(標高750m)850〜910----六根清浄のブナの大木1000〜1015----大雲谷分岐1135----銀杏峯山頂1200〜1335---登山口1540
                               ●往復 途中休憩時間含む ●出会った登山者 0人

銀杏峯は一番多く登っている山なのだ 今の登山道無い頃 沢を詰めたり残雪期にツボ足や山スキーで何度かお世話になってます 何所が山頂か分からないような高原台地 県内では珍しい山だ。身支度して鳥居をくぐってすぐガスの中の登山道 急登の登山道の両脇にイワウチワの可憐な花 小形のカタクリの花 アズマイチゲが続く 標高1200mあたりから雪渓に出会す ガスが切れて右手に部子山が見え始める 高原台地に上がればザゼンソウ ハルリンドウ ネコノメソウ マンサク 遠望すれば雲で頭を隠した姥ケ岳 能郷白山の姿が見える。大雲谷分岐の雪田はスキーが出来るほど雪の大斜面がある 今年はさすがに残雪が豊富だ。昼食終えたころガスで視界50m 高原台地でガスは怖い 残雪で登山道を4ケ所ほど隠している 急いで下山に取り掛かる 目印の赤い布を頼りに慎重に下る。急坂で雨が落ちてきて滑り易くなってきた 転ばないよう細心の注意をはらって降りた。花に恵まれ 他の登山者の居ない静かな銀杏峯を楽しんだ いつ来てもいい山だ。「13日山開き」のポスターがあった。
アルバム カンスゲ キクザキイチゲ イワナシ ヤマネコノメソウ ザゼンソウ ニリンソウ エンレイソウ ハルリンドウ
エゾタンポポ 大雲谷の雪田 他