戻る

年 月 日

山 名

標 高

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

同行者

2003 11/12

大佛寺山
だいぶつじやま

807.4m

永平寺 山王

曇一時晴

16.5℃---11.6℃
(+0.1  +4.2)


行 程
福井自宅出発810====福井県永平寺町永平寺川ダム登山口(標高350m)840〜855----林道終点(虎斑滝分岐)
910----大佛寺跡1000〜1010----大佛寺山1030〜1145----虎斑滝分岐1235----虎斑滝1245----虎斑点分岐
1255----登山口1310
                              ■往復 休憩時間含む ■出会った登山者 0人

娘を学校に送り出したカミさんと今年初めての山登りになった。日月火と3日続けての雨降りの日だった。今朝は久しぶりの朝日が眩しいが登山口に着いた頃には陽は雲に隠れていた。
福井市から近くにある大佛寺山は未踏の山なのです。上志比村の吉峰寺から縦走を計画しては何度も流れていた。
今日はのんびりと紅葉を愛でようと大佛寺山までとした。

登山口から虎斑滝の分岐まで最近出来たのであろう車道が付けてある、急な登りで工事車両だけが通れる道だった。
いよいよ沢沿いの登山道に入る。標高400mは紅葉が始まったようだでまだ緑の葉を付けている。
30分も歩くとナラ、ブナなど雑木の木々は葉を落とし隠すようになっている急登の登山道は油断すると滑ったりする
歩幅に優しい丸太の階段もあって登山道は整備されている。

今まで登りぱなしの道は大佛寺跡が唯一の平坦地、この地が紅葉盛りであった。疎林の雑木にモミジが真っ赤に染めている。陽射しが有れば映えて美しいのだが今日はぼんやりして残念だ。
寺跡には石仏が数体、ベンチも有って永平寺の開祖道元、昔日を思いしのぶにはとっても雰囲気のある処でした。

20数分で山頂。稜線の樹木は素っ裸で美山の剣ヶ岳がよく見える。遠くの山々の頂は雲に隠れて1000m以下の山肌しか見えなかった。
風も無く穏やか山頂で周りの風景、眼下の上志比村を流れる九頭竜川を眺め湯豆腐で早めの昼食にした。
帰り虎斑滝を見物。

山頂は素っ裸、中腹は紅葉、登山口は緑の葉、色んな様相を見せてくれた大佛寺山、近くにもまだまだ良い山があるものだ。


大佛寺跡

大佛寺跡付近の紅葉

虎斑滝 全景

虎斑滝 上部

まもなく山頂

山頂から上志比と九頭竜川 対岸に勝山市北郷集落

大佛寺山 山頂

イヌセンボンタケ(不食)