戻る

日付

山ボード
有形山

(ありがたやま)
1010.7m

2.5万図

天 気

当日福井市の
最高気温と最低気温
〔 〕は平年値+-

形態
フリートレック
山スキー

形態
カンジキ
ボード

2005 3/16

石川県白山市(旧・白峰村)

加賀市ノ瀬

曇のち晴

14.7℃  0.4℃
(+3.7  -1.7)

ドッポさん
ひろろとろろさん


行 程
福井自宅出発700===石川県白山市白峰(旧・白峰村)風嵐(標高500m)800〜820---送電線下850------
最後の送電線鉄塔1110〜1120---山頂1135〜1200---最後の送電線鉄塔1210〜1220---風嵐登山口1350
                                ◆往復 休憩時間含む ◆出会った登山者 0人


2.5万図「加賀市ノ瀬」の有形山が気になっていた。緩やかな等高線が等間隔で山頂まで続いている。スキー・ボードに最適な山だろうと以前から思っていた。ネットで探しても積雪時の山行は少なかった。
ドッポさん、ひろろとろろさんと先週山から降りてから決めていた。初めての山、期待が膨らむ。

勝山市内を抜けて国道157号線に入ると先にドッポさんの後ろに僕、ひろろとろろさんの車が3台繋がる。落ち合い場所の「おいの水谷」まで続く。
谷トンネルを通って白峰村の「天望の湯」に隣接の「緑の村」に着き、風嵐谷川を渡った所の林道から取り付く。
別当出合に向かう道路は冬期通行止め、柵を乗り越えて林道に入った。

風嵐谷川沿いの林道をショートカットしながら進む、週末の降雪と前夜の雨で雪は軟らかくスキーのトレースを追うがカンジキは時々膝までゴボル。30分すると送電線下に出た。送電線下は見事に伐採され幅50mから100mの切り開きが続いている、ここを滑ってこれるのかと思うとワクワクする。
今日もひろろとろろさん先頭にドッポさんのスキー組はシール効かせて早い、カンジキの僕が引き離され放し。何度か見える所で待ってくれる、これのくり返し、ありがたい。

最後の送電線鉄塔から進路を北にミズナラとブナに覆われた山頂にようやく着いた。晴を期待していたが曇っている。
真っ白い山頂が見えるが白山釈迦岳か七倉山か大汝山だろうか判別出来ない。
標高差500m、地図上直線距離2kmを3時間要した。スキーでは半分の1時間30分で山頂だろう。スキー組に迷惑かけっぱなしである。雪が締まっていればと思うのだが、当たり外れが大きい。今年の山は巡り会わせ最悪だ。

さ〜滑りましょう〜オフピステに思い思いのシュプールを描こう。曇り空から陽射しが射し益々軟らかく重い雪、傾斜が有ってボードはゆっくり走る重い雪に慣れたのか後半はターンも決まる。
ひろろとろろさんドッポさんのスキー組は僕以上に見事なシュプールを描いている。
また、締まった雪質に再度トライしたい素晴らしい有形山のオフピステだった。
まぁ〜まぁの滑り終え遅い昼食になってしまった。


日本スノーボード協会オフィシャルサイト
スノーボード講座

登り始めて30分 送電線下に

スキーとカンジキ 差は開く一方

登ってきた送電線下 白峰を望む

まもなく山頂

有形山 山頂

有形山 山頂

ボードとスキー シュプール

写真提供 ひろろとろろさん

滑り終えて満足 昼食

天望の湯から白山